2013年11月26日火曜日

宮城県女川沖ジギング!  [柳賢太郎]

フィールド出張サポート in 宮城県女川沖

宮城県を代表する鰤フィールド通称「北」と「南」。
今回は通称「北」と呼ばれる女川沖にて、
Nature Boys スタッフが行く!フィールド出張サポート』を行いました。

このサービスは、釣具店様からご要望をいただければ、実際に釣具店様主催の釣行会へお邪魔し、Nature Boys製品に関する説明や、必要であればビギナー様へのレクチャーもさせて頂くという企画です。




さて、今回お世話になった船宿は、石巻市鮎川港から出船のはま丸さん。
猫の島として有名な、石巻市田代島にて民宿も営んでいる船宿です。

今回、当企画をご用命頂いたのはキャスティング様で、仙台南店、泉バイパス店、石巻店、盛岡店、そして水戸店のスタッフ様も遠いところをお越し頂きました。

年々、10kgオーバーのブリが狙えるフィールドとして有名になりつつある宮城県北部沿岸。
しかし、今年は例年に比べ、大型のブリクラスは少ない状況。
11月中旬より水温も一気に下がり、直前の情報ではシーズン終盤によく見られるワカシの群れが入り、ブリどころかワラササイズも釣れにくいとの事。
この状況を、鉄ジグは打破出来るのか!?
普段の釣行でも、鉄ジグを愛用頂いている東北のキャスティングスタッフ様とのセッション開始です。





出船後、金華山周辺に多数の鳥を確認。近づいてみるとナブラも発見。
しかし、正体は事前情報のワカシ。ポイントを本命の女川沖に移す。








水深は約60m~70m。魚探で反応のあるポイントにてジグを一斉投入すると即HIT!!







このポイントに精通している仙台南店の井口さん、そして盛岡店より参加頂いた武山副店長のダブルヒット!スイムライダー180gにてプリプリに太ったワラサ。

幸先の良いHIT。予想されていたワカシではなくグッドコンディションのワラサクラス。その後の展開が期待されるも、しばしの沈黙となる。







すると突然吹き荒れる北西風10m超え。気温も上がらず厳しい状況は続く。
その沈黙を破るのは遠く水戸店より参加の森戸副店長。







しかし上がってきたのは、懸念されていたワカシ。




東北のブリを期待されてのワカシに苦笑。






タフなこの状況を打破しようと、いろいろなジャークパターンを試みる井口さん。
このフィールドをホームとしているだけあって、しっかりアジャストさせる。




スイムライダー180gにて。狙っているサイズではないが、パターンを見つけてのHITは嬉しい様子。




そして、泉バイパス店の大橋店長もグッドコンディションの寒ワラサをコンスタントにHITさせる!






大橋店長は、宮城はもちろん秋田能代にも精通するベテランジガー。
自らプロデュースした別注カラー「マジックミラーピンク」のワンピッチにて。






水戸店 森戸副店長もしっかり宮城県産ワラサをキャッチ。



そして、ここからがスロー組の見せ場。静かにスローライダーを操っていた石巻店の文屋さんがこれからの季節、とっても美味なミズカレイをHIT






これを皮切りに、再び文屋さんのロッドが曲がる!
普段からスローピッチジャークでのジギングを主体にされていると言うことで、スロースタイルならではの慣れたファイトで大型と思われる魚をいなす。







そして上がってきたのは、




ブリクラスの魚体。スローライダー185g コイワシにて






計測すると8.5kgのグッドサイズ!!


タフコンディションで特に大型魚を仕留めてきたスローライダーがここでも活躍!
もちろん文屋さんのテクニックがあったからこその魚!


それに続けと、泉バイパス店の渡邊さんもスローライダーを駆使してワラサとアイナメを連続キャッチ!








その後、再びプチ時合もあり、でっぷり太ったワラサを数本キャッチし終了となりました。










今回、ご用命下さいましたキャスティングスタッフの皆様、大変お世話になりました。
普段から鉄ジグを使っていただいていることもあって、タフなコンディションから魚を引きずり出すテクニックは流石でした。
私も色々と勉強させていただきました。ありがとうございました。




Nature Boysスタッフが行く!フィールド出張サポートのご用命、お問い合わせは下記までご連絡下さい。

仙台ブランチ〒983-0034宮城県仙台市宮城野区扇町7-8-26

TEL080-8204-5233 FAX022-353-6651   担当柳まで




0 件のコメント:

コメントを投稿