2018年8月18日土曜日

2018年8月14日 宮城県江ノ島沖 青物ジギング IRONFLICK6702B、IRONRANGE662 雄勝・魚心[佐藤 雄]


2018.8.14(火)
今回は宮城県在住のフィールドスタッフ千葉氏と共に、現在開発中であるライトジギングロッド“IRON FLICK”の耐久テストと今秋9月発売予定となる“NEW IRON RANGE”の実戦投入を目的に海へ出ました。

お世話になった遊漁船は雄勝湾から出航している「魚心」伊藤船長。
常連のお客様とのチャーター便にて1日お世話になりました。



AM6:00出航
最近の状況を船長に聞きながらポイントへ向います。
ベイトとなるイワシが接岸したときは鳥山も立っていて、状況は上向いたが、イワシがいなくなったら青物もさっぱりいなくなってしまったとの事。
事前情報では厳しい1日を覚悟していました。

ポイントへは30分ほどで到着。
双子島周辺沖からスタート。
良型のアジやソイ、サバなどが釣れますが、本命の青物の反応は得られませんでした。

ポイントを細かく移動しながら粘り、反応を探っていきますが魚探反応も時間が経過すると共に薄くなってきた為、船長は移動を決断します。

AM10:00
ポイントを南へ大きく移動し、江ノ島沖に到着。



ベタ底に反応があるが、なかなかヒットには持ち込めませんでした。
「船長が水温下がった、ジグが曇っている」と言います。
確かに回収するジグが曇り、ひんやりとしていました。

スピニングタックルからベイトタックルにチェンジして、底付近を丁寧に誘うとようやくバイトが訪れました。
ファーストバイトはダブルヒットでした。



鉄ジグ:スイムライダーショート125g(イカナゴ)
ロッド:アイアンフリック6702QD(プロトタイプ)
ライトジギングカデゴリーのアイアンフリックでは、青物には少しパワー不足に捉えられるかも知れませんが、バット付近にコシを持たせたブランクスは曲げこむほど、魚を浮かせられる安心感があります。



さらに、千葉氏が続きます。




鉄ジグ:スイムバード170g(イカナゴ)
ロッド:NEWアイアンレンジ662ND
※2番パワーを使用して、常にティップが入る千葉氏の柔らかいワンピッチはスイムバードの移動距離と跳ね上がりを抑えることができる為、底付近の反応にスピニングタックルで狙うにはベストセッティングだと感じました。


地合いはこれから潮止まり突入という時間帯で訪れます。





鉄ジグ:スイムライダーショート145g(レッドゴールド)
ロッド:アイアンレンジ662QD
※スイムライダーショートを使用する際は個人的にクイックドライブを多用します。
移動距離を極力押さえ、次のアクションへ素早く入力できるレスポンスの良いロッドです。




最後は千葉氏とのダブルヒットで納竿となりました。




今回は冒頭でも挙げた、青物のトルクある引きを対象にアイアンフリックの耐久テストを行い、アイアンレンジでの釣果をしっかり出せたことで、新製品開発に向けて前進することができた1日でした。

またなかなか釣果が安定していなかった、宮城県の青物もようやく開幕といった感じです。
翌日には伊藤船長から9kgオーバーが上がったとの連絡を頂きました。





ぜひ、皆さんもトルクある青物の引きを堪能しにジギングに出かけてはいかがでしょうか。

タックル①
ロッド:IRONFLICK6702B(開発中)
リール:オシアコンクエスト300HG
ライン:エアブレイドワイルドエイトバーティカルPE1号
リーダー:フロロ5号
金具類:鉄腕スプリットリング#6.0 
ジグ:鉄ジグ、スイムライダーショート125g
アシストフック:鉄腕WDソリッドリング#4.0 マリンアシストPC#15 ソイ針22号

タックル②
ロッド:IRONFLICK6902B(開発中)
リール:オシアコンクエスト300PG
ライン:エアブレイドワイルドエイトバーティカルPE0.8号
リーダー:フロロ5号
金具類:鉄腕スプリットリング#6.0 
ジグ:鉄ジグ、スイムライダー90g(イカナゴ)
アシストフック:鉄腕WDソリッドリング#4.0 マリンアシストPC#10 ファルクス2/0

タックル③
ロッド:IRONRANGE662QD(9月末発売予定)
リール:ステラSW8000HG
ライン:エアブレイドワイルドエイトバーティカルPE3号
リーダー:フロロ10号
金具類:鉄腕スプリットリング#6.5 
ジグ:鉄ジグ、スイムライダーショート145g(レッドゴールド)
アシストフック:鉄腕WDソリッドリング#4.0 マリンアシストPC#15 管付きソイ22号


鉄ジグ製品情報


仙台・雄勝 魚心さんブログ
https://ameblo.jp/binbin-banban110/

(佐藤 雄)

2018年8月11日 東京湾タチウオジギング 鉄ジグでドラゴン級連発 根岸八幡橋・鴨下丸[佐藤 雄]





2018年8月11日(土)

夏季休暇を利用して、地元である東京湾にてタチウオジギングに行ってきました。

今回お世話になった遊漁船は、根岸周辺を流れる掘割川の八幡橋から出航する「鴨下丸」。タチウオ船担当のエキスパート、萩原船長。

観音崎周辺のポイントまでのアクセスが非常に良く、八幡橋をくぐる際の操縦席が格納されるシステムは驚かされます。



今回はタチウオを対象魚として、弊社スタッフがプロトロッド、鉄ジグプロトカラー、プロトアシストフックなど、開発を中心としたテスト釣行も兼ねて行いました。





AM7:00出船

一昨日、関東圏を襲った台風の影響で潮は濁り気味。

前日までの釣果はあまり良くない状況でした。個人的な予想としては、濁りが避けられる沖の水深があるポイントまで一気に走るかと思っていました。



しかし、30分ほどしてポイントに到着。

船団までは行かないが、船が瞬く間に集結します。

猿島沖の水深50mラインから開始。


私は開発中のライトジギングロッド“アイアンフリック6207B”とスイムライダーショート125g(グリーンホロ)から開始するが、潮の流れが速すぎて底取りがぼやけてしまい苦戦します。

船中ファーストヒットは和田にいきなりドラゴン級がヒットします。



鉄ジグ:スイムライダーショート175g(ナクイグロー)

ロッド:アイアンファング6608B

その後、和田は完全にパターンを掴み6連発。





完全に出遅れますが、他スタッフ徐々に感触を掴み、私にもアベレージサイズがヒット。久々のタチウオにテンションがあがります。





鉄ジグ:スイムライダーショート145g(ブルーピンク)

ロッド:アイアンフリック6702B(プロトモデル)



暫らくすると、反応が薄くなったところで移動します。

AM9:00 久里浜沖の水深90mラインへ。

到着すると、既に大きな船団になっています。




ここでも和田の快進撃は止まることを知りません。

その後も順調に釣果を伸ばし続け、既に15尾は越えたとの事。




鉄ジグ:スイムライダーショート145g(ナリキン)※現在生産していません

ロッド:アイアンファング6608B



アイアンフリック6702Bの感触を確かめていた私にも、着低後2シャクり、したところで突然ひったくられるバイトが来ます。

明らかに今までのタチウオとは違う重量感。

上がって来た正体は3kgクラスの良型のトラフグでした。



鉄ジグ:スイムライダーショート175g(ブルーピンク)

ロッド:アイアンフリック6702B



その後は本来の目的である鉄ジグのプロトカラーをスタッフ各々が選択し、魚からのアプローチを検証します。



和田はスイムライダーショート145gミラーエッジレッドゴールド(プロト)を選択。

台風後の濁り潮にマッチしたのかショートハイピッチジャークで数を伸ばします。





鉄ジグプロトカラーとタチウオ用プロトアシストフックの感触を確かめていた下中にヒッ
ト。






鉄ジグ:ピンクエッジシャイニンググロー

ロッド:アイアンファング6605B


AM12:00

観音崎から走水方面の水深60mラインのポイントに移動。

船団を離れ、デカタチ狙いに船長が狙いを絞ります。



一流し目に着低後、そこから10mほど上げたところで青物のようなジグが持ち上げられる感覚が伝わり、次のシャクリでアイアンフリックがバットから一気に絞り込まれます。

上がって来たのはドラゴン級のタチウオ。

尾が切れていたのが悔やまれますが、指6本クラスは素直に嬉しかったです。







鉄ジグ:スイムライダーショート145gミラーエッジパープル(プロトカラー)

ロッド:アイアンフリック6702B



ほぼ同時にヒットした和田もかなりの良型が掛かっている様子です。

ドラグを出しながら上がって来たのは、文句なしのドラゴン級。

全長121cm。まさに1日の締めに相応しい1尾でした。







鉄ジグ:スイムライダーショート145gミラーエッジレッドゴールド(プロトカラー)

ロッド:アイアンファング6608B



※今回、竿頭となった和田がセレクトしたロッドはアイアンファング6608B一択。

底潮が早い状況では、ティップからベリーにかけてハリのある8パワーがジグへの入力を確実に行い、バイトに繋げた。

後半は、中層からステイさせたフォール中のバイトでもパターンも掴み、突出した数を伸ばすことが出来たとのこと。



※また、和田はこの日、タチウオジギングでの宿命でもあるリーダーカットは皆無でした。

ジグの先端に30cmほどデビルラインを使用することで、安心して1日シャクリ続けることが出来ます。



今回、台風後の東京湾・夏タチウオにおいてIRONFLICK6702BとIRONFLICK6902Bの2プロトモデルをIRONFANG6605B、6608Bとともに併用しました。水深50~60mの緩い潮流では、IRONFLICK6702B、極端に潮流が流れる水深90~100mとやや深いポイント状況ではIRONFANGが良いように感じられました。



IRONFLICKが乗せ調子なら、IRONFANGは掛け調子といった具合です。

この日は、ジグアクションに初速をつけてコンパクトに横を向かせるパターンだったため、後者のロッドが多くの場面でマッチした結果となりました。




IRONFLICKは、弊社のライトジギングカテゴリーロッドのなかでもより柔らかく、かつ不意の大物にも対応できるライトジギングロッドです。40~130gを適合ジグ範囲としていますが、入力を抑え気味にしたジャークであれば、175g~205gも使用可能な範囲となります。ほぼ同じ02パワー、2inch違いのレングスとしたことで、その日の魚の活性・食い方に合わせて違和感なくフィーリングを合せていくことができます。



IRONFLICKのテストは、続く8月14日に東北エリアでワラサ・ブリをターゲットとして、リフトパワーを確かめる予定です。



まだまだ続くタチウオシーズン。

ぜひ、鉄ジグシリーズとデビルラインを試してみてください。



和田信一郎タックル
ロッド:IRONFANG6608B
リール:300番クラス
ライン:エアブレイドワイルドエイトバーティカルPE0.8号
リーダー:フロロ8号+デビルラインリーダー7号30cm
金具類:鉄腕ACスナップスイベル#1、鉄腕スプリットリング#6.5
ジグ:鉄ジグ、スイムライダーショート145gプロトカラー、
   鉄ジグ、スイムライダーショート175g(ナクイグロー)
   鉄ジグ、スイムライダーショート205g(ブルーピンク)
フック:プロトアシストフック(デビルライン#10号段差アシスト)
リヤフック:シワリ18号


佐藤  雄タックル

ロッド:IRONFLICK6702B,IRONFLICK6902B(前者をメインに使用)
リール:OCEA CONQUEST300HG,300PG(前者をメインに使用)
ライン:エアブレイドワイルドエイトバーティカルPE0.8号
リーダー:フロロ8号+デビルラインリーダー7号30cm
金具類:鉄腕ACスナップスイベル#1、鉄腕スプリットリング#6.5
ジグ:鉄ジグ、スイムライダーショート145gプロトカラー
   鉄ジグ、スイムライダーショート175g(ブルーピンク)
フック:プロトアシストフック(デビルライン#10号段差アシスト)
リヤフック:シワリ18号

鴨下丸さんHP

(佐藤 雄)

2018年8月17日金曜日

2018年8月5日 スピンライダーディープ360g VS 伊豆諸島カンパチ&マハタ [庵原 英晃]


静岡の庵原です。
待望のスピンライダーディープ360gが発売されたこともあり、8月5日、猛暑の伊豆諸島鵜渡根(ウドネ)島沖へ張り切って釣行してきました。

沼津の自宅を夜の11時30分に出発し、深夜1時30分に出船。ウド根方面のポイントまで向かいます。凪もよくポイント到着までのんびり夜空を眺めていましたが、星がとてもきれいでした。

事前情報ではハガツオが釣れているとのこと。
ハガツオの刺身はモチモチして大好きなのでもちろん狙います(笑)。
そして!!なんと一流し目で裏本命のハガツオがヒット!!
おいしそうなナイスサイズ(笑)。




そのあとは、ポイント移動するもあたりなく、潮も2枚潮で釣りづらい。
着底2回で棚ボケしてくる・・・。がそういう時、鉄ジグ有効です。
潮が速いとフォールが効かなくなるので、鉄ジグの比重を利用し、あえて潮に乗せてジグが漂う感じで一定間隔の大きめのジャークが有効となります!!
着底後からの5アクションでヒット!!引きます!!
慎重によせてくるとマハタゲット!




またまたポイント移動。今度のポイントも潮が速い。
潮が速いと魚も泳ぐのが大変なのか底付近でヒットすることが多く、あまり上げないように意識しながらジャークしていると小さい当たり。
最初は引かなかったが、水深が浅くなるにつれ暴れだしドラグを気持ちよく出します!
これまた慎重に慎重にやり取りして本命カンパチをキャッチすることが出来ました!



今回は目標としていた魚をすべて釣ることができました。
すべてスピンライダーディープ360gでの釣果でした。
朝まずめの潮が暗い時はサイドエッジグロー、日が昇ってきたらスーパーグロードットミラーピンク、完全に日が昇ったらスーパーグローストライプというパターンが最近よく当たっています。

今年はかなり気温が高いので熱中症にならないよう、こまめに給水をし、無理をなさらないように楽しくジギングしましょう!


ジグ:スピンライダーディープ360g 250g
ライン:ワイルドエイト4号、3号 
アシストライン:マリンアシストシリーズフロント:PC25号、リア:KC25号
リング類:鉄腕WDソリッドリング#5、#3.5 
鉄腕スプリットリングハイテナシティータイプ#4.5、#5.5
ロッド:5・8ft
リール:中型レバーブレーキリール



製品紹介ページ




フィッシングファイターズ製品情報
https://my.ebook5.net/bigoceancatalog2FF/DmC3aI/?_ga=2.43811493.1462561775.1515381376-1145759062.1471843271

(庵原 英晃)

2018年7月30日月曜日

2018年7月27日 相模湾キハダマグロのキャスティングゲーム ワタリガラス160F 長井竜海丸[柳 賢太郎]



2018年7月27日(大潮)
台風12号が接近する前日。午後より北よりの風が10m入る予報で、すでに朝から風は吹いており、その予兆がありました。

お世話になった遊漁船は、神奈川県横須賀市・三浦半島西側長井港の人気船「竜海丸1号船」。

相模湾の今年の出だしは早かったものの、その後はなかなかキハダマグロの釣果は聞かれない状況が続いていましたが、7月下旬より湾内で本命が上がり始めていました。

今年3回目の相模湾。本命のキハダマグロを手にしたい一心で乗船します。
朝4:30出船。

初島方面に舵を向け走ります。
途中は鳥が少なく感じていましたが、途中から船が速度を速めます。
広範囲にナブラがあり、鳥も水面に刺しています。

船をナブラへ付けて、船長の合図でキャストを開始します。
早速、ミヨシ2番のアングラーが派手な水しぶきとともにヒットします。



唸りを上げるドラグ音、ファーストランからキハダマグロと推測されます。
安定したファイトで上がってきた魚は、まぎれもなくキハダマグロ。
船長のタモに収まります。



後の計測で22kgのキハダマグロ。相模湾での実績が高いウッドプラグでの釣果でした。

ファイト中に到着した船もファイトをしており、大チャンスだったことがわかります。
船長からも、「あのナブラは全員ヒットさせなきゃダメだよ!」と喝を入れられました。

その後はそのナブラを後にし、他の船が入っていないエリアをサーチしましたが、なかなか良いナブラやボイルはない状況でした。

その後は次第に風と波も次第に強くなり、海水を全身に浴びながら船に捕まっているのがやっとの状態でした。

するとナブラを見つけた合図である船の加速するエンジン音と共にスピードがアップします。
飛びそうになる帽子を押さえながら前進するその先を見ると鳥が水面に刺し、時折マグロと思われる水しぶきも上がっています。

船を止め、ナブラに対し追い風で船を横につけてくれます。
3番目の位置から右舷3時方向にフルキャストし、着水後にWATARIGARASU160Fをワンジャークし2~3秒止めているとロッドごとひったくられます。

1呼吸おいて巻きアワセを入れると手前にどんどん寄ってきます。
船下近くなりようやくキハダマグロらしい走りを見せ、5kgにセットしていたドラグを引きずり出します。



揺れる船上で船下から上げるのに苦戦しましたが、船長のアドバイスと仲間達の声援を受け力の限りリールを巻き、何とかタモに収めることが出来ました。





キハダマグロ22kg WATARIGARASU160Fにて



その後も船長はソナーと双眼鏡で魚を探し、何度か小規模なナブラへキャストしましたがヒットさせることは出来ず、台風の影響が出始めた10時過ぎに早上がりとなり帰港しました。

相模湾デビューし2年目、念願の相模湾キハダマグロを手にすることが出来ました。
ルアーの性能や個人のテクニックだけで捕れるターゲットではなく、このチャンスを与えてくれる釣り仲間や、絶妙なポジションに船を付けてくれ的確なアドバイスをくれる船長がいてようやく手にすることが出来た魚です。

同船頂いた皆様、船長ありがとうございました。

タックル
ROD:EXP845
REEL:SHIMANO STELLA14000XG RPS SPOOL×RP BOBBIN10000
PE LINE:FishingFighters AIR BRAID WILD EIGHT Vertical PE #4
LEADER: #80
Lure:WATARIGARASU160F



金属パーツ:FighingFightes 鉄腕SUSスイベル#1/0 鉄腕SPリング#8.5


WATARIGARASU160F製品情報
http://www.e-natureboys.com/products/WATARIGARASU.html

RPS製品情報
http://www.e-natureboys.com/products/rps.html


フィッシングファイターズ製品情報
https://my.ebook5.net/bigoceancatalog2FF/DmC3aI/?_ga=2.43811493.1462561775.1515381376-1145759062.1471843271

(柳 賢太郎)