2019年1月12日土曜日

2019年越し 真冬の種子島カンパチVSアイアンフリックアグレッシブ 鹿児島県種子島 [庵原 英晃]


明けましておめでとうございます。
静岡の庵原です。
年末から年始にかけて鹿児島県種子島に釣行してきました。これで2年連続、種子島でのお正月釣行。その前の年は、小笠原で正月を迎えました。



今回はNEWロッド、IRONFLICK “AGGRESSIVE”のプロトロッドの3rdプロトが出来上がってきたのでそのテストを中心に行いました。
このIFAB-5102は鉄ジグ スピンライダーディープ250gにしっくりくるようにテストしています。鉄ジグは鉛と比較し比重がやや軽く、軽い入力で動き出すためロッドの張りがありすぎるとジグが動きすぎてしまいます。
ジグが動き過ぎると、ジグがリーダーを追い越してリアのアシストフックがリーダーに引っ掛かり通称エビの状態が多発します(リアフックをつけた状態の場合)。
たとえエビにならなくても動き過ぎてジグが反転することで魚を驚かせてしまいます。

適正なジグの重量と水深、ロッドの強さなどの関係はとても大切です。逆に動かしたくないときはわざと適正重量を超えたウエイトのジグを付け、ゆったり動かすのが魚に効くときもあります。



今回の遠征釣行期間は、冬なので風が強い日が多く、うねりも強く、初日の釣り座はミヨシだったこともあり落ち着いてしゃくれない状態でした。
2日目はうねりと風、さらに雨も加わり修行僧のような状態でした。

南への遠征といっても、レインギヤ、インナーの選択の大切さを痛感した1日になりました。2日目の釣座はトモで、1日を通して魚からのコンタクトが少ない中、釣り座にも恵まれてなんとか10キロオーバーのカンパチをゲットしました!
ロッドはアグレッシブプロトロッド「IFAB-5103」にスピンライダーディープ360g(スーパーグロードットミラーピンク)。


ラインはワイルドエイトの4号、リーダー18号です。
水深は150mで潮は1ノット?位でしたので5103にスピンライダーディープ360gがしっくり気持ちよくしゃくれました。




その後は目鯛を追加して港に向かい良い釣り納めとなりました。



3日目の元旦は幸先よく凪のスタートで初日の出も拝めました!






元旦釣行は6キロ位のカンパチが釣り開始直後に幸先良くヒット。


ロッドはIFAB-5102プロトにスピンライダーディープ250g。
PEラインはワイルドエイト4号、リーダー18号、アシストラインはマリンアシストシリーズ、フロントがPC#25、リアがKCの#25。



水深は100m位。魚探の反応をみていると魚の反応が底から10m付近に集中していたので、そのあたりを主に攻めました。
魚の元気度は前2日の結果から低めなのでジグゆっくりと大きく動かすしつつも、リールの巻き量は抑えて、浮遊感多めでヒットに持ち込めました。
その後はお昼過ぎまでアタリがなく、午後もチェイスはあるもののヒットまでは持ち込めない状況が続きます。
潮も動いていない為、ポイント移動を繰り返し船長も悩みに悩んでいました。
潮の流れがなく動かない船を風で引っ張られるように操船し糸が斜めになるとあたりが出るのでその瞬間に神経を集中させ丁寧にジグが浮き過ぎないように操作すると念願のヒット!
初期ドラグ10kg以上が悲鳴をあげて出ていきます。やり取りをしているとフッと引きがなくなりあげてくるとサメにパックリと食べられてしまいました。頭の大きさが船長曰く15キロ以上あったね・・・。と言われショックでした。



スピンライダーディープを丸のみでリアフックが口の中の鰓近くに2本しっかりとかかり、フロントも2本唇にかかっていたので完全に獲れていた魚だけにかなりがっかりしましたが、今回の状況下でこれだけパックリジグを飲み込むほどの状態だったので、ジャークパターンとタックルバランスに手応えを感じました。

そして、これほどデカいカンパチを何の抵抗もなく引きちぎっていくサメはどれほどの口の大きさか想像するとゾッとしました。

3日間、渋い状況の中、有意義なテストが出来、製品化への手応えも感じました。
今回のように渋い状況化で10kgオーバーのカンパチに口を使わせられるかは、ジグを動かすことに重視した、IRONFLICK “AGGRESSIVE”の反発が適正かを確認する絶好のテスト環境でした。

年末年始に休みなく働きっぱなしの船長に感謝感謝です。

今回の使用タックル
ROD
NatureBoys IRONFLICK “Aggressive” IFAB-5102
NatureBoys IRONFLICK “Aggressive” IFAB-5103
NatureBoys IRONFLICK “Aggressive” IFAB-5104

LINE
FishingFighters  WILDEIGHT Vertical PE #3~#4

JIG
SPINRIDER DEEP 250g~360g 

ASSIST LINE
FishingFighters MARINBLACK  PC/KC/DC  #25~#30

METAL PARTS 
全てFishingFighters 
鉄腕WDソリッドリング#5 
鉄腕スプリットリングハイテナシティータイプ #5.5



スピンライダーディープ製品紹介ページ

(庵原 英晃)

2018年12月21日金曜日

2018年11月~12月 鉄ジグ、ウィグルライダーで九州青物ジギング  福岡・優、神湊・成幸丸 [お客様、牟田様]



お客様の牟田様より鉄ジグ、ウィグルライダーでの釣果情報をいただきましたのでご紹介させていただきます。

11月25日の福岡・優では、ウィグルライダー190gにて青物多数。12月の神湊丸・成幸丸ではウィグルライダー225gで8kgヒラマサをキャッチされています。



11月25日 福岡市遊漁船 優
中潮 水深60~80 ウイグルライダー190にて
ワンピッチにてリフトを大きく、スラッグを意識しボトム、中層でヒット ヤズですが5キロまで7本キャッチしました。


当日の釣果情報
http://yu-fishing.jp/%e3%82%b8%e3%82%b0%e3%83%bb%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%83%88%e5%84%aa%e4%b8%80%e6%b3%8a%e4%ba%8c%e6%97%a5%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc12-56%ef%bd%8b11-11%ef%bd%8b%e4%bb%96%e3%83%96%e3%83%aa/

12月中旬、宗像市神湊 成幸丸



長潮 水深 70~90m
落とし込み船でのジギング。
ヒットジグはウイグルライダー225gでした。
全く潮が動かない中の釣りでした、ベイトはイワシ 変則ワンピッチショートジャークロングジャークを入れて、フォールを意識して全てフォールでヒット
ヒラマサ3本8キロ頭 以上です、この日釣った8キロの写真です。ジグは写って無いですが(TT)


牟田様、ご報告ありがとうございます!

鉄ジグ、ウィグルライダーは潮が効かない状況でも良くスライドしてフォールアクションするため、魚の口を使わせやすい鉄ジグです。

今回ご使用いただいた190g、225gは九州エリアのドテラ流しスタイルでも使いやすくなっております。寒鰤、ヒラマサにぜひ、お試しください。


鉄ジグ製品情報
http://www.e-natureboys.com/products/ironjig/ironjig.html

2018年12月11日、山形県酒田沖の真冬の寒ブリジギング 酒田・KOU [柳 賢太郎]



12月になると、酒田は一気に冬景色。


この季節は出船率が低く、様々な気象予報で1週間の波予報をチェックする毎日。
しかし、土日はすでに予約で満席の場合も多く、週末アングラーの皆様は、天気関係なくて事前に予約を入れておく必要があります。



つまりは、情熱のある鰤釣師が10kgを超える大型鰤に狙いを定め、他の魚種には眼もくれずにひたむきに努力する。

狙った者にしか手に出来ない魚。これが寒ブリの魅力だと思っています。




12月11日中潮
この日は、前日までの予報では出船可能だったのだが、風波が落ちず出船中止を余儀なくされる遊漁船もありました。

現地集合し、中止となることもこの釣りをするのであれば仕方のないこと。



この日お世話になった遊漁船KOU佐藤船長の判断で何とか時間を遅らせ出船することが出来ました。


AM11:00出船
雪の積もる酒田港の出口は押し寄せる日本海特有の細かいウネリで船も揺れたが、沖に出てポイントに到着するころには風も止み、波も収まっている。

前日の寒波で荒れた影響から濁っている潮色。
グローカラーを中心にルアーローテーションします。

12月を超えると無視できなくなるのが、ハタハタパターン。
ハタハタの縦姿勢でクリオネのようにフワフワ流される様にして岸を目指します。

その動きをジグでイメージする為に、いつもならハイギアリールを組み合わせるIRONRANGE 683QDに1回転1m以下のローギアリールを合わせ、入力を抑えます。

また、ジグもスイムライダーショート145g〜175gやディープローバー210gなど、ダート幅の狭いものをチョイスして遊泳力のないハタハタを演出します。

ハタハタを捕食するときは、意外と吸込みも弱く、後ろから食うのかフッキングが浅い場合も多いので、フックはフロント2本をセットします。
リアフックを付けるのも良いかと思います。

同船者が中層にて小型のヒラマサを2本釣り、ヒラマサを釣りたい気持ちになりましたが、そこはぐっとこらえ鰤に照準を合わせます。

ディープローバー210gをボトムからしゃくりあげたその2シャクリ目、抑え込むようなバイト。巻き合わせを入れフッキングに持ち込みむす。ドラグテンションは初期で3〜4キロでしっかり走らせます。

理由は、前途にあるように、フッキングが浅い場合が多い季節でからです。しかも浅い針がかりに反して個体は大型が多く、無理すれば身切れによるバラしをしてしまいます。
※ドラグテンションが弱くてもオマツリでのブレイクを防ぐためPEラインは3号〜4号を推奨します。

上がってきたのは7キロあろうかと思われる魚体。





ヒラマサだが、少しブリの特徴もあり、ハイブリッドと推測されます。

その後は、ポイントを数カ所移動するも船中ノーバイトが続きます。

15時近くなり、夕方の時間帯に突入すると、胴の間の小野田氏に待望のバイト。




ファーストランの長さとロッドを叩く首振りからヒラマサを思わせましたが、IRONRANGE 662NDの柔軟性のあるトルクを活かし上げてきた魚体は、これぞ寒ブリといった堂々たる個体。



ヒットジグ スイムライダーショート145gにて



船上計測では10キロを上回る見事な寒ブリ。

後から判明しましたが、腹には、ハタハタが20匹近く入っていました。



IRONRANGE の中で1番柔軟な662NDでジグを過度にスライドさせず、ヌメヌメと縦方向に泳がせてのHITでした。



その後、パターンを掴んだ小野田氏は7キロクラスとマダイを追加。






最後に三浦氏もブリクラスをキャッチし終了となりました。



この他にもヒットはありましだが、ハタハタパターンの特徴とも言える、後ろから食う為、フロントフックでは掛かりが浅くバラしも多かったです。

次の出船可能だった日は、翌週17日月曜となり、遊漁船KOUにて仙台の今野氏が10.5kg 三浦氏が9.5kg、さつき丸にて、小林氏が8.5kgを釣り上げました。

この日のベイトは、ハタハタからサバ、イワシに変わっており目まぐるしく変わるヒットパターンに柔軟に対応できたアングラーが寒ブリを手にしていました。



スイムライダー180gにて10.5kg



スイムライダーショート175gにて9.5kg


スイムライダー180gにて8.5kg


次の凪はいつになるか、天気予報を毎日チェックする日が続きそうです。

凪と休日が合いそうな方は、まずは船の予約必須です。



タックルデータ

ROD:IRONRANGE IRNB-683QD(クイックドライブ)

REEL:STELLA SW10000PG(RPSスプール) 1巻98cm

LINE:WILDEIGHT Vertical PE3号 

フロロリーダー50lb 5ヒロ

JIG:ディープローバー210g 

ROD:IRONRANGE IRNB-662QD(クイックドライブ)

REEL:STELLA8000HG

LINE:WILDEIGHT Vertical PE3号 

フロロリーダー50lb 5ヒロ

JIG:SRショート145g 175g

ROD:IRONRANGE IRNB-662ND(ナチュラルドライブ)

REEL:STELLA8000HG

LINE:WILDEIGHT Vertical PE3号 

フロロリーダー50lb 5ヒロ

JIG:スイムライダー180g 

金属類 全てFishingFighters WDリング&SPリング

アシストライン FishingFighters マリンアシストBlack KC40号


















アイアンレンジ製品情報
http://www.e-natureboys.com/products/JIGGINGRODS/IRONRANGE2018.html


フィッシングファイターズ製品情報


鉄ジグ製品情報
http://www.e-natureboys.com/products/ironjig/ironjig.html

(柳 賢太郎)

2018年12月7日金曜日

2018年12月2日~3日 山形県酒田沖の寒ブリジギング ウィグルライダー225gで9.7kg 山形・シルバースノー[中島 勝則]






122日~3日にかけて、山形県酒田のシルバースノーに乗船し、日本海の寒ブリ狙いに行ってきた。

事前に小野船長に電話して様子を聞くと確実にブリは入っているとのこと。予約に1名の空きがあること、2日と3日だけ凪で出船可能なことの情報を聞いた。


これだけ条件がそろえば行きたいモードは押さえられず片道430km の単独釣行を決めた。

1日目、前日までの大時化のウネリが残っているため7時過ぎに出船し釣り開始となる。
10
時過ぎに一瞬、時合いがあり同船者の荻野さんが7kg サイズの大ワラサをウィグルライダー225g シルバーホロで釣り上げた。


私も今回はウィグルライダーで通すつもりなので気合いが入る。
そして午後一番に私に待望のヒット、もさっと喰い上げるような小さいあたりはブリの特徴だ。慎重に巻き上げたが後10m のところでフックアウト。気を取り直してジャークを続け、終了間際に再びヒット。先程の魚よりさらに重量感がある。頭をこちらに向けようとリフトアップした時に痛恨のリーダーブレイク。少し強引にやり過ぎたようだ。
1日目はチャンスをものに出来ずにノーフィッシュ。


2日目、朝から沈黙の時間が続くなか10時過ぎにミヨシの同船者にブリがヒット、丸々した10kg サイズをキャッチ。
その後、私のウィグルライダー225g ナクイグローにもヒット。



昨日のミスを教訓に慎重にやり取りして、小野船長のタモに入った時には正直ほっとした気持ちが強かった。3バイト目でやっとキャッチできた。このブリも丸々とした船上計測10kg サイズだった。



そしてポツポツと同船者の方にもヒットして、スイムライダー200g シルバーホロを使っていた田中さんも見事なブリをキャッチした。



この日は9kg 11kg を船中8本キャッチとなった。

酒田海域でのブリ狙いの水深は70m 90m と浅目でやりやすい。それにワラサやイナダがほとんど混じらず、ブリに照準を合わせて狙えるところが素晴らしい。


これから荒天が多くなる日本海だが、まだチャンスはあるので風・波状況をこまめにチェックしながら狙ってみてはどうだろう。


今回はゆっくり目のピッチとキレのあるジャークでジグを飛ばしてフォールを少し長めにとるパターンにヒットが集中した様に思われる。神経質なブリだけに色々試して、その日のヒットパターンをつかむことが出来たらチャンスも広がるだろう。


私のブリは血抜き後の計量で9.7kg だった。来季も訪れてこの地で10kg オーバーを釣りたいと思う。


タックルデータ
ロッド アイアンウィップIWNB-622
リール シマノ ツインパワー8000HG
リーダー フロロ16
フック アイアンフックTS4/0
接続金具はすべて鉄腕シリーズ


http://www.e-natureboys.com/products/JIGGINGRODS/NatureBoysRodspage.html


フィッシングファイターズ製品情報


鉄ジグ製品情報
http://www.e-natureboys.com/products/ironjig/ironjig.html

(中島 勝則)

2018年11月17日、18日 ようやく釣れた晩秋の八丈島カンパチ [お客様・前川 真愛様]



20181117日、18
東京都八丈島へカンパチジギングに行ってきました。
これまで5回挑戦してきた八丈島ですが、フィールドのパワーや厳しさに、ただただ圧倒され、その全ての日程において本命のカンパチだけでなく、他の魚からの反応も得られず、悔しい思いをしてきました。

今回は狙いを『カンパチ』に絞ってのリベンジ戦となりました。
Day1  1117日 
お世話になる船は亜由丸さん。
尊敬するパパ大津留氏と岩田氏とともに乗船し、八重根港から出港します。
天候は生憎の雨。さらに数日前までは離れていた黒潮が八丈小島に近付いてしまったとのことで厳しい釣りが予想されました。



パパ大津留氏プロデュースのIRON WILLとディープローバー310gを握りしめ
ポイントに到着。
水深190mほどのポイントからスタートです。
第1投目の着底後、10m程巻き上げ、軽い力で3シャクリ目にヒットします。
いきなり訪れたバイトにびっくりしましたが、ゆっくり慎重なファイトの末、あがってきたのは念願のカンパチでした。




6回目の挑戦で初めて出会うことができた八丈島のカンパチは、私にとってそのサイズ以上に大きく、特別な1尾でした。












その後、パパ大津留氏、岩田氏のお2人がカンパチやキハダマグロをヒットさせていく姿に刺激を受けながら、カンパチに続いて私自身初めてとなるキメジも釣り上げることができました。満足の釣行1日目が終了します。




これまでの硬く力の入った釣りから、力を抜いた柔らかいジャークに移行できたことで、軽い力でしっかりと泳ぐ鉄ジグ本来のレスポンスの良さと魚への食わせの間を活かす釣りができたからこそのヒットだったと思います。

Day2 1118



時間に制限のある釣行でしたが、サイズアップを狙って八丈小島寄りの水深200m前後を攻めます。





前日よりも型の良いキメジを釣り上げたところでパパ大津留氏から「前川君、次掛けた魚はリリースしてみよう!」と提案がありました。

魚の命、環境を大切にし、常にフィールドに敬意を払うパパ大津留氏と岩田氏。その姿に憧れる私は、その提案に大賛成でした。]



そんな中ヒットしたのは良型のキメジ。
パパ大津留氏と岩田氏に見守られる中、慎重にファイトしリリースまであと少し。
「この魚をリリースできたら嬉しい」と思った瞬間、船下に走る魚。そのラインのケアを出来ずにラインブレイクしてしまいました。

 
魚をリリースし海に帰すはずが、その命を奪う結果となってしまい、ラインブレイクの重みを感じるとともに私は一瞬の油断を後悔しました。

「掛けた1尾を確実に取る」というパパ大津留氏の鉄の意志が込められたIRON WILL

その意志と、奪ってしまった魚の命。次回の挑戦では同じ失敗はしないと誓いました。

これまで苦戦してきた八丈島。目標としていたカンパチを釣り上げ、リベンジすることはできましたが、掛けた魚を取りきるという新たな課題もできました。







パパ大津留氏や岩田氏の、自然に対する敬意が溢れる釣りに近付けるようこれからも真剣に海に向き合っていきます。

今回使用したタックル
IRON WILL IWPS595+PF
DEEP ROBBER310g シャイニンググロー

(前川 真愛)