2018年6月18日月曜日

2018年6月17日 スピニングタックルで攻略した伊豆南沖の青物&キハダマグロ 弓ヶ浜・恵丸[柳 賢太郎]




2018617日(中潮)

梅雨入りした日本列島。
台風や熱帯低気圧、梅雨前線の影響で荒れ模様の中の谷間に運良く出船することが出来ました。

船宿は南伊豆市手石港より出港の恵丸さんにお世話になりました。
まだ暗い時間より出船し御蔵方面に向かいます。

事前の予報では御蔵方面は黒潮本流の真っ只中で、本命であるカンパチ、ヒラマサには不利な状況かと予想されました。



AM600ポイントへ到着。
水深100m前後からジグを投入。
潮は緩く、ジグの抵抗感がありません。
船長からは、中層に浮いている反応もあるということで、1巻きあたり129cmのハイギアスピニングリールにて広範囲をスピーディーに探ります。

スパンカーを上げたバーティカルジギングにおいて、スピニングタックルを選ぶ理由として、ベイトタックルより巻きスピードが速いものが多く、ヒットレンジが広い、または、上げのスピードに反応が良い。そして、ヒットレンジが定まらず広い層をスピーディーに探りたいときに使用します。軽めのジグを潮に流し、中層に浮いた反応を攻略する際もスピニングが使いやすく感じます。

ファーストヒットは長野よりお越しのアングラー。
上がってきた魚は本命のナイスサイズのヒラマサ



黒潮の影響で不調かと思われていた本命のヒットに全員が安堵します。

写真を撮影し、私も続けとばかりにスイムバード220gをボトムからシャクり上げると、底から10mあたりでヒット。首フリからヒラマサと分かります。
9月発売予定のNEWアイアンレンジ683NDを曲げ込み、ロッド全体のトルクを使ってリフトします。



上がってきたのは同じく同クラスのヒラマサ。タモ入れしようとしたところでリーダーがジグとの結束でブレイク。
結束ミスが因と思われ、締め込みが不十分だった可能性が疑われます。
朝イチから猛省。

その後、潮が緩いということでポイントを移動。
平均水深150mあたりからトップ60mに上がる瀬周りを狙います。
沖からのウネリが潮波とぶつかり増幅、大きい波が押し寄せる状況。
船長アナウンスで2ノットの潮流。

早速ミヨシにいるスタッフ下中が大型らしき魚をヒットするものの、惜しくもフックアウト。
船を入れ直し次の流しで今度はNatureBoysフィールドアドバイザーの親方こと竹下がヒット。IRONCAT6220Bというライトタックルながら、良型のヒラマサをキャッチ。




スイムバード170g カタクチK IRONHOOK ST3/0にて

静岡在中の竹下は、伊豆諸島を中心とした長年の経験からスイムバードが効果的であることを我々に教えてくれていました。

私も助言どおりスイムバードをセレクト。
船長のアナウンスで潮流が増しており3ノットで流れているとのこと。
重さは220gを選択し、水深60mの瀬のトップを狙います。
高波の中、釣座が安定する胴の間で、波の上下動に合わせ調整しながら丁寧にワンピッチジャークを繰り返すと今度は私に待望のHIT
スリリングな根際の攻防。ロッドを曲げ込みフルベンドさせることで魚の走りを止めリールを巻き続け距離を詰めます。




無事タモに収まった魚は、8kgクラスのヒレナガカンパチ。
浅い水深、潮流3ノットのヒレナガカンパチはサイズ以上に強烈な引きでした。

その後、さらに潮流が早く、潮波が高く危ないと判断しポイント移動。
もうひとつの瀬頭を攻める前でのポイント移動に心残りでしたが、何より安全第一です。

次のポイントは鳥が多く、表層回遊魚の気配があります。
沖にはカツオ一本釣り漁船もスタンバイしており、お土産のカツオも視野に入れます。

船長のアナウンスは水深150mで反応は70m。
船長の指示棚までスイムバード220gシルバーホロを送り込み、そこからアイアンレンジ683NDのレングスを活かすストローク幅のあるワンピンチワンジャークで狙います。
アイアンレンジはその長さから、ロッドの戻しを多く取ることでジャーク間にステイ&フォールアクションを入れやすくなります。
狙いの指示棚でフォール中に喰い上がるバイト。
カンパチ用のドラグ値だった為、ファーストランも短く10分掛からず上がってきた魚体はキハダマグロ。船長のギャフ掛けも決まり無事ランディング。




25kgクラスのキハダマグロ。スイムバード220gシルバーホロ。
9月発売予定 NEW IRONRANGE IRNB-683NDにて

その後は反応のある中層のキハダ狙い。
単発のキハダを狙いながら、船長が幾度も反応の上に船を止めます。

するとしっかり表層までシャクっていた左舷オオドモのアングラーにHIT
上がってきたのは良型のヒラマサ。




コンディションの良い10kg弱のグッドサイズ。

次のヒットは右舷オオドモのアングラー。
大型のキハダマグロらしく、なかなか上がってきません。
出されては巻き、巻いては出されを繰り返し、徐々に距離が詰まっていきます。
回りながら上がってくる魚体は40kを超えるであろう魚体。
船長のモリ打ちが決まっても諦めないキハダマグロ。




40kgクラスのキハダマグロ。
このポイントではなかなか珍しい大型サイズで船長もアングラーも、我々同船者も喜びを分かち合いました。

その後、私ともう一人のアングラーがキハダマグロを追加し午後1時に沖上がりとなりました。


今回、メインに使用したロッドIRONRANGE2ndモデル。
現行のIRONRANGE 1stモデルのコンセプトは「感度と反発」でジグのコントロール性を重視したロッドでした。そのシャープさは、適切にジグへ入力させ、また水中の情報がアングラーへ伝達されます。まだまだこの先も必要不可欠なロッドです。
9月発売予定の2ndモデルのコンセプトは「耐久と粘り」そして「携帯性」です。
1stモデルのシャープさは残しつつ、更にパワーUPし粘り強いロッドに仕上げています。ファイト時にはロッド全体を大きく曲げ込むことで大きな復元力で魚にプレッシャーを与え続けます。

そして、現在、運送コストの増加や仕舞寸法が制限されることが増えている運送事情にも合わせ、全てをグリップジョイント可にしています。



発売まで乞うご期待下さい。


 タックル
ROD:NEW IRONRANGE683ND9月発売)IRONRANGE683QD9月発売)
REELSTELLA18000HG1巻あたり約129cm)
    STELLA20000PGRPSスプール装着 1巻あたり約105cm)
LINEFISHINGFIGTHERS AIRBRAID WILDEIGHT CASTING PE 4
LEADER:フロロ60LB
HOOK:自作フック
ASSISTHOOKMARIN ASSIST KC#40
JIGSWIMBIRD220g シルバーホロ ナクイグロー
接続金具類:全てFishingFighters 鉄腕WDリング#5.0、鉄腕スプリットリング#7.5



鉄ジグ、スイムバード製品情報



(柳 賢太郎)

2018年6月9日 外房ヒラマサカップ第22回、1戦目 大原・山正丸 [下中 桑太郎]



6月9日、外房ヒラマサカップ初日。

2週間ぶりに大原山正丸さんから釣行しました。

一昨日までの10〜16kgクラスのアフタースポーン荒食いは落ち着き小型主体でした。

午後から大原沖水深40mへ。向かい潮側の流し、スイムライダーショート145gを緩い潮に絡めてキビキビと中層までワンピッチジャークすると、まとわりつくようなバイトで1尾目をキャッチ。


夕方に御宿沖水深10mへ。

ウィグルライダー128gプロトを中層でリフト&フォールのように間を取ってワンピッチジャーク。中層でのリフトからフォールのタイミングでヒット。元気いっぱいの小型が顔を見せてくれました。




この日のポイントは、水深10mから40m。

潮が緩めで魚の捕食レンジは中層付近と思われました。

スイムライダー90g.120g.135g,スイムライダーショート125.145g、カレントライダー120g.150gが活躍する状況です。キャスティングタックルでのジグキャストも面白いと思います。



台風通過後、潮温が回復すればまた大型が食い出しそうとのこと。今後に期待です!

山正丸山口徹船長、花さん、同船された皆様ありがとうございました!

ロッド:アイアンレンジ662QD(9月末発売)

リール:8000HG

ライン:ワイルドエイト3号

リーダー:フロロ12号




ジグ:スイムライダーショート145g、ウィグルライダープロト128g

アシスト:マリンアシストPC30号

フック:タマン24号、幻2/0

http://www.e-natureboys.com/products/JIGGINGRODS/IRONRANGE2018.html


(下中 桑太郎)

2018年6月16日土曜日

2018年6月15,16日 山口県萩市 八里ヶ曽根フィールドテスト[柳 賢太郎]



 2018515日~16日の両日、山口県萩市江崎港より出船の芳美丸さんに乗船し、山口県の一級ポイントである八里が曽根でウィグルライダー210225gのフィールドテストを行いました。

今回、芳美丸さんが狙った水深は40m~60m。
エンジンを消してのドテラ流しでジギングにてフィールドテストを行います。




アングラーは3名。
ミヨシに私、胴の間に鈴木斉氏、トモに船長の友人が入ります。
ひと流し目、すぐにトモの方にHIT
勢いよく出ていくドラグ音。大型と思われるファイトが繰り広げられます。
朝一の一流し目で早速10kgをゆうに超えるヒラマサが水面を割ります。




ヒラマサ、推定13kgクラス。
ヒットジグは鉄ジグ スイムライダー200gグローヘッド
初めて鉄ジグを使用するということで、鉄ジグの基本形であるスイムライダーをセット。早速この魚がヒットしたことで鉄ジグの威力に驚かれている様子でした。

私達も、これが八里ヶ曽根のポテンシャルなのかと、この後の爆釣劇を期待しました。
しかし、この後が続かず、また上潮ばかりが流れ、底潮が全く流れない状況に苦戦を強いられることになります。

ウィグルライダーはフォールアクションが特徴であり、左右比の絶妙なウェイト配分から激しいウィグルフォールアクションが発生します。



しかし、上潮と底潮が同調しない状況では、上潮にラインスラックを取られ、的確なラインスラッグを与えることが困難になり安定したアクションが取りづらくなります。

本来そのような状況では、どのような潮でも安定してスライドアクションが出しやすいスイムライダーが向きます。
     鉄ジグ使い分けアクション早見表を参照
しかし、現在テスト進行中のウィグルライダー225gは、200gを超える重量から最大で150mの水深までウィグルライダーが本来持つスライドとフォール性能が機能しなくてはなりません。

潮が複雑になるディープエリアを想定する上で、このような状況こそテストには絶好な場面なのです。

今回用意した新型プロト No,PR32-024、PR32-025の他、今まで幾度となるフィールドテストで酷使している数々のプロト、そして発売済みの160g、190gと比較し、ジグアクションと魚からの反応、引き抵抗を検証していきます。



アベレージサイズのヒラマサ
既に発売済みのウィグルライダー190gグローヘッドにて


グッドコンディションのブリ
プロトタイプPR032-025220g)にて 


良型のヒラマサ
2日目はグロー系にヒットが集中。ウィグルライダー190gオールグローにて
この魚はケンサキイカを吐き出した。やはりベイトはイカだった。


プロトタイプPR032-025220g)にて連発。
フォールアクションは合格。スライドアクションに改善点あり


ブリは36kgクラス、ヒラマサは最大6kgクラスと特大サイズは出ませんでしたが、従来のプロトを見直し、PR32-024、PR32-025の改良点を見つけ出すことが出来ました。

鈴木氏の意見、そして我々作り手側のネイチャーボーイズの考えを集約し、次回のフィールドテストには、また新たなプロトタイプをテスト進行していきます。



既にテスト期間が3年を過ぎたウィグルライダー210g~225g。
しかし、着地点は見えてきており今年の秋の発売を目指し着々と進んでおります。
乞うご期待下さい。


鈴木氏タックル

RODOCEA S624クイックジャーク
REELSTELLA8000HG
LINEOCEA EX PE8 #3.04.0
LEADER:フロロ14号~18

JIGWiggleRiderプロト210g~230
WiggleRider(ウィグルライダー)190g(シルバーホロ、グローヘッド)

接続金具類:全てFishingFighters 鉄腕WDリング#5.0、鉄腕スプリットリング#6.5
HOOK:管付きソイ22号ツイン、ソイ24号ツイン、タマン24号ツイン
ASSISTLINEMARIN ASSIST PC#30,KC#30


柳 タックル

ROD:NEW IRONRANGE683QD9月発売)IRONRANGE662QD
REELSTELLA8000HGRPSスプール装着 1巻あたり約115cm)
    STELLA20000PGRPSスプール装着 1巻あたり約105cm)

LINEFISHINGFIGTHERS AIRBRAID WILDEIGHT VERTICAL PE 3号~4
LEADER:フロロ50LB60LB
HOOK:自作フック
ASSISTHOOKMARIN ASSIST PC#KC#40
JIGWiggleRider210230gプロトタイプ、WiggleRider190gオールグロー
接続金具類:全てFishingFighters 鉄腕WDリング#5.0、鉄腕スプリットリング#6.5


今回使用した2018年9月発売予定のジギングロッド、IRONRANGE662、IRONRANGE683は、オールブラックデザインのグリップジョイントモデル。


「より強靭に、よりアグレッシブに!」という開発テーマのもとに強靭ながらもIRONRANGE663シリーズの操作性の高さを併せ持ちます。

#10SiC Sガイド搭載で強靭さを備えた新規ブランク設計の683モデルです。操作性の高い6.6ftクラスジギングロッドという基本コンセプトを踏襲しながらも663とは味付けの異なるタイプです。

IRONRANGE662,683製品情報
http://www.e-natureboys.com/products/JIGGINGRODS/IRONRANGE2018.html

鉄ジグ製品情報
http://www.e-natureboys.com/products/ironjig/ironjig.html

(柳 賢太郎)

2018年6月6日 サスライダー45gで青森県平舘沖マダイジギング[平林 和]


6月6日(水)、青森県外ヶ浜町平舘前沖にマダイジギングに釣行しました。

午前3時30分に出船。

この時期は、産卵のためイワシなどの小魚を捕食しているためボトムよりも中層でのアタックが頻繁にあり、この日も朝マヅメの一投目から全員にアタリが来る、旺盛な捕食ぶりで平舘真鯛ゲームが始まりました。

周りの方たちはそれぞれのジグを使い楽しんでいましたが、特にタングステンのジグを使用している方がほとんど。そこで私はあえて真逆の比重の軽い、ステンレスジグのサスライダー45gを使用しました!




浮遊力のあるステンレスならではのふわふわとした動きとラメゴールドのキラキラ感。
そして、ティンセルマジックの誘いで平舘真鯛ゲームを楽しみました。

まだまだこれからの青森県外ヶ浜平舘の真鯛シーズンは続きますので攻略していきたいと思います。



当日のタックル

ロッド:ホライゾン ~150g(ジグ)
リール:シマノ 4000SW
ライン:エアブレイド ワイルドエイトバーティカル0.8号
ジグ:サスライダー45g(ラメゴールド)
フック:真鯛アシストフックSサイズ
リアフックにティンセルマジック・シリコンアタッチメントTMオーロラ

(平林 和)

2018年6月5日火曜日

2018年6月2日 スピンライダー65gで真鯛ジギング 青森県平舘 [佐藤 雄]


6/2(土)、平舘漁港から出船する昭丸さんにて鯛ジギングに行ってきました。


私自身初めての平舘鯛ジギングなので試行錯誤しながらの釣行になりましたが、船長の指示棚をしっかり合わせる事が功を奏し、4尾の鯛をスピンライダー65gアルミシルバーで結果を出す事が出来ました。




鉄の浮遊感は鯛にも効果抜群です。

今回、型は選べない状況でしたが、次回には良いサイズを狙って平舘に訪れたいと思います。

タックルデータ
ロッド:66ML
リール:オシアコンクエスト300pg
ライン:ワイルドエイトバーティカル1号
リーダー:フロロ4号
アシストライン:マリンアシストPC10号
フック:ファルクス1/0

(佐藤 雄)