2016年12月28日水曜日

山形県 酒田沖 寒鰤ジギング釣行 [小野田 正浩]



寒風が吹き荒れる冬の日本海12月末日、酒田港出船 さつき丸さん(泉船長)にお世話になり今年最後となる鰤ジギングに行って来ました。


今年の日本海は例年に比べると、荒れに荒れまくり船を出せない日が一週間以上続く日も有り、予約を入れてもことごとく中止でした。



この日は酒田港をAM630分出船。
40分程の航海にてポイントに到着。
予報では東の風5m、波は1mと多少波立つものの釣りやすい状況でした。
私の釣り座は右舷胴の間。
水深70mからスタートフィッシング。
泉船長はスパンカーを使い船を立て、魚の反応に対しピンで攻めるいわゆるバーチカルジギングを選択。
風は東から西、潮は南から北に流れていて左舷側からポイントに入っていく状況。
潮は表層付近でかなり流れている為、右舷側の私はラインが船底に入ってしまうので、何度も入れ直すが中々アジャスト出来ない時間が続きます。
全体的にもたまにイナワラ、ワラサクラスが釣れるものの鰤からのコンタクトは無しでした。



ポイントを移動し今度は90mライン。
これが大正解! 先程とは打って変わって活性の高い7キロ〜9キロクラスの鰤が一斉にヒットします。!
その流れに私も乗る事が出来鰤クラスがヒット!
久しぶりにドラグを出されながらもバレない様に丁寧なやり取りを心掛け最後は船長にタモ入れして頂きこの日のアベレージサイズでは有るが、7キロの鰤クラスを釣る事が出来ました。




カレントライダー220g ナクイグローにて





ヒットパターンとしてはハイピッチジャークでジグを縦に泳がせて活性の高い魚をリアクションで食わせる様なイメージでのヒットでした。
その後は、潮も緩くなり釣れない時間が続きますが、左舷オオドモのアングラーが渋い時間帯も終始アベレージサイズを掛けまくり圧巻の釣果でした!!
この日の最大魚9.2キロ




その後、船長には夕方まで粘ってもらいましたが残念ながら鰤クラスをヒットする事は出来ず納竿となりました。

まだまだ不完全燃焼では有りますが、恐らく今年最後の釣行になると思います。
一年間フィールドレポートをご観覧頂き誠にありがとうございました。

当日のタックル
ロッド MC Works  DE602 RF612LR
リール Daiwa 10ソルティガ4500H/ソルティガZ6500EXP
          08ステラ10000XG
          
ライン PE 3号  フロロリーダー40lb
ジグ ネイチャーボーイズ
        スイムライダー200g230g
        スイムバード 220g
        カレントライダー220g260g

山形県酒田市 ジギング船紹介
KOU  佐藤光之船長
silversnow 小野船長
さつき丸 泉船長
アスカ 斎藤船長
アングラーズショップ NOB 高橋船長

(小野田 正浩)

0 件のコメント:

コメントを投稿