2016年7月25日月曜日

犬吠崎沖キメジ・カツオ IRONWHIP622[高橋 義真]

7月20日(水)、今年もキメジ、カツオを狙いに千葉・飯岡港の幸丸さんへ行ってきました。

犬吠崎沖のキメジ・カツオは、群れを追ってジグでシューティングするパターン。
ミヨシに分があるが、私はキメジに照準を絞って右舷トモの釣り座へ入る。



航程1時間ほどでポイントに到着。すぐにカツオの鳥山があり、船中のみなさんテンションMAX!

だが、カツオのベイトが小さくなかなかヒットに持ち込めない様子。


私は当初の狙い通り、右舷トモで、カツオの下にいる大物狙いに的を絞ることに。



何度か鳥山を狙っていると、船長から今日イチの反応だとアナウンスが!

100gのジグを水深70〜80mまで落とし込む。



ベールを返してからワンピッチを2度くらいで一気にドラグが鳴った!!

ラインを出されるが慎重に魚を寄せて無事にランディング。13.5kgキメジをキャッチ!!

IRONWHIP622は、2番パワーながらバットパワーはかなりあるため、キメジのスピードに負けることなくファイトすることができました。

また、しなやかなティップ~ベリーは100g程度から200gまで幅広いジグウエイトをジャークしやすく気に入っています!


※上記写真では、腰巻きタイプのライフジャケットを着用しています。


船長、当日の皆さんありがとうございました。

タックルデータ
Rod:Nature Boys IRON WHIP IWNB-622
Reel:SALTIGA4000
Line:PE2.5
Leader:Floro12号
Jig:100g

(高橋 義真)

0 件のコメント:

コメントを投稿