2018年3月5日月曜日

2018年3月3日 ウィグルライダーで8kg鰤 2018丹後ジギングトーナメント開幕・丹後ヴィーナス [岡本 和朗]


地元丹後の知り合いから、「2月下旬から鰤が釣れ出して、6~8kg1人5~8尾」との情報が入り、3月3日の土曜日に丹後・ヴィーナス古橋船長にお世話になりました。

3月1~2日と海が荒れていたため、シケ後にプレッシャーがリセットされて爆釣かも!?と期待がふくらみます。折りしも、3月1日開幕となった「2018山陰・丹後ジギングトーナメント(3月1日~5月31日開催)」初日を迎えることができました。


当日は釣れているポイントが水深60m前後のピンスポットに限られていたため、1つのエリアに20隻近い船が集まり、ハイプレッシャーというなかなか厳しい状況。

他の船の情報では一気に4尾キャッチなどの情報が入りますが、時合いらしいタイミングもなくポツリポツリの状況。それでも朝イチには0.8ノット程度流れており、両舷入ってのドテラ流しで開始。

ウィグルライダー190g(レッドヘッドゴールド)でボトムからワンピッチジャークを繰り返すと、15回でバイトがあり6kgクラスをキャッチ。

午後からはさらに流れが緩くなり0.4ノット程度に。魚に口を使ってもらうために、ジャカジャカ巻き、ワンピッチのコンビネーションを織り交ぜて探っていきます。この狙いがハマったのかワンピッチ15回からのフォールで一際力強いバイト。8kgクラス1尾をキャッチすることができました。


知り合いの松嶋氏もウィグルライダー160g(パープルグロー)で良さそうなサイズを掛けましたが惜しくもラインブレイク。それでも6kg前後に絡む良型をウィグルライダーでキャッチしていました。

松嶋さんにウィグルライダー160g(レッドヘッドゴールド)で良型



地元丹後のアングラーの皆さんからも「ウイグルライダーだけになぜか良くアタる」ことがあると聞きます。ぜひ、みなさんも試しに使ってみてください。

当日は、乗合なので一人一人違うヒットパターンやジグのカラーもバラバラで絞り込めず常連のお客様でもなんとか1本と、パターンを絞り込めず苦戦していましたが、皆さん鰤をキャッチでき、エントリーサイズも出ましたので今後に期待できます。

大会終了の5月31日までまだまだ時間はありますので、皆さんも春の大鰤を狙って丹後に訪れてみてはいかがでしょうか?

<当日のタックル>
ROD:GAT-59/4
REEL:TWINPOWER SW 8000HG
LINE:PE3号、リーダー60ポンド
JIG:鉄ジグ ウィグルライダー190g(レッドヘッドゴールド)、スイムライダー230g、スイムライダーショート205g

鉄ジグ製品情報
http://www.e-natureboys.com/products/ironjig/ironjig.html
京丹後・ヴィーナス
http://www.fisher-venus.com/chouka/chouka.htm
「2018山陰・丹後ジギングトーナメント(3月1日~5月31日開催)」
http://www.oceans2009.com/taikai/2018taikai.html
(岡本 和朗)

0 件のコメント:

コメントを投稿