2018年2月26日月曜日

2018年2月24日 外房ジギングでワラサ上向き!勝浦川津、宏昌丸[お客様・伊藤 渉様]



2018年2月24日、外房勝浦川津の宏昌丸さんに釣行された鉄ジグユーザーの伊藤渉様より釣果情報をいただきました。

当日は、終日御宿沖水深60〜65mを探りました。下の潮が動いていないように感じられる状況でした。
そこで、ディープローバー210gを底まで落として普通巻きぐらいでただ巻き、底から3〜5mのところで「コココッ」っという感じのアタリで4kg級カンパチが釣れました。

ディープローバー210g(キンメ)
そのあとも1度濃い反応が入り、船中プチ爆釣状態で鉛製のジグで、ナチュラル系の動きをするジグが食いが悪い状況。

キレのあるアクションをつけたくカレントライダー180gにしたら一投目でヒットしました。

カレントライダー180g(ブルーピンク)

このヒットは、濃い反応に入ってからスイムライダーショートを速めのピッチで使っている人がダブルヒットをしたため影響もあると思います。
自分の力不足でしたがもう何尾か頑張って釣れた状況でした。

船中14〜15人乗っていて、イナダ〜サンパクが船中計40〜50尾ほど上がっていたと思います。そのなかでもヒラマサは3キロクラスが1本だけでした。
鉛、鉄、タングステン含めてもスイムライダーショートが個人的な意見だと群を抜いていたと思います。

伊藤様タックルデータ
ROD:ドラッグフォース ベイト581B-G6
REEL:ソルティガ35NH
LINE:PE4号
LEADER:シーガー10号
RINGS:フィッシングファイターズ 鉄腕スプリットリング♯6.0、鉄腕スーパーSUSスイベル#3
JIG:ディープローバー210g(キンメ)、カレントライダー180g(ブルーピンク)

伊藤様、ご報告ありがとうございます。

鉄ジグは鉛素材11.30に比べて3割ほど軽い比重7.8のため、水深60m以深のベイトタックルでキレよくスライドし、浮遊する特長があります。外房エリアとしてはややディープな60〜90mラインで、緩急をつけたアクションがブリ・ワラサ、ヒラマサの口を使わせます。

鉄ジグシリーズ製品紹介ページ
http://www.e-natureboys.com/products/ironjig/ironjig.html





0 件のコメント:

コメントを投稿