2017年4月21日金曜日

九州天草でカレントライダーオホーツク限定カラーが炸裂!【お客様・河本直樹様】

お客様の河本様より玄界灘遠征・天草沖のフィールドレポートをいただきましたのでご紹介致します。



2017年4月某日、早くも6回目を迎えた玄界灘遠征であったが、初日は悪天候のため、前日には欠航が決定。そのため、急遽、天草のタイラバ船を予約。福岡市内からレンタカーで高速道路を使い3時間かけて天草に到着、5時出船となった。


今回の遠征参加者は、5名。タイラバを用意してきたのは2名のみで、乗り合い2名のお客様と合わせ、船尾側からタイラバ4名、船首側にジギング3名で、ブリや真鯛を狙うこととなった。



1時間で到着した海域は、島原半島と天草諸島の間の海峡で、早崎瀬戸と呼ばれる日本三大潮流の一つであった。最初に入ったポイントでは、潮流8ノットもあり、更に、海底は複雑な岩礁帯が続くため、今までの遠征では経験したことがないほど、底どりが難しくゲーム性の高い、非常に面白い釣り場であった。


この日は、魚の活性が非常に悪く、タイラバでも中々乗らない状況が続いた。
沈黙を破ったのは、今回初参戦のA氏であった。




ベイトタックルで、いきなり5kg程度のワラサをキャッチ。タイラバチームは、たまに小さなアラカブやアコウが釣れるも本命の真鯛は上がらず苦戦が続いた。


常連さんにもヒットがない中、突然、堀氏にブリらしき魚がヒット。PE0.8号のため慎重にやりとりしたが、残念ながらラインブレイクとなった。堀氏は、メンバーの中では1番タイラバゲームを熟知しており、ラインブレイクの鬱憤を晴らすかのように、その後、60cmオーバーの真鯛を見事に釣り上げた。




自分は、序盤、水面で跳ねていたイワシのサイズに合わせて、スイムライダーショート145gグローヘッドを選択。表層から底まで広範囲に泳がせてみたが、魚からの反応を得ることは出来なかった。
そこで、3月の玄界灘で大林氏が真鯛を釣った実績のあるジグ、カレントライダー180g「釣具の店オホーツク」限定カラーに変更。変更後すぐに当たりがあり、スレではあったが50cm弱の真鯛をキャッチ出来た。


更に、数投後、再び当たりがあるもファイト中にバレてしまった。バレた後も、すぐに当たりが続き、またもやスレであったが60cmオーバーの真鯛をキャッチした。



2匹ともスレがかりと今日の渋さを表していたが、バラシも含め船中単独の3連続ヒットであった。限定カラーに対する真鯛の反応の良さに、メンバー全員が驚いていた。


その後、自分は、30分ほど休憩してから釣りを再開。再開後すぐに、同じジグで4回目のヒットとなり、更にみんなを驚かせることになった。しかも、釣り上げた真鯛は、76cm6.3kgとこの日最大サイズで、上顎にしっかりとフッキングしていた。



タイラバでも非常に渋い状況下、初めてのマダイジギングで4ヒット3キャッチは、自分には出来過ぎた釣果であった。遠征から帰宅後すぐに、「釣具の店オホーツク」店長津志田氏に、限定カラーの追加注文をしたことは言うまでもない。




タックルデータ
ロッド:ネイチャーボーイズ アイアンボウ622
リール:シマノ ツインパワーSW8000HG(14000XGスプールに変更)
ライン:ヨツアミPE3号
リーダー:シーガー プレミアムマックス50lb
アクセサリー:鉄腕WDソリッドリング#4、鉄腕スプリットリング#6.5
アシストフック:バンフック スピアシングルアシスト#5/0
ジグ:カレントライダー180g「 釣具の店オホーツク」限定カラー、スイムライダーショート145gグローヘッド

0 件のコメント:

コメントを投稿