2016年10月24日月曜日

宮城・雄勝沖ブリジギング[小野田 正浩]


10月15日土曜日
 
宮城県石巻市 雄勝漁港出船ソルトルアーガイド魚心(伊藤船長)にお世話になり鰤狙いでジギングしてきました。

例年この時期になると春から夏にかけて北海道を沿岸を回遊している鰤が、ベイトである(イワシ、秋刀魚、ニシン)を追いかけて太平洋沿岸を移動し、宮城沖に南下してくる戻りの鰤が狙える時期です。

移動しながらベイトをタップリと捕食している為、コンディションも良く10キロオーバーも狙って釣れる時期でもあります。過去には13キロという大鰤が釣れた時もありました。
そんな期待を胸にエキスパートアングラー5名を乗せ出船。

30分程の航海でポイントである雄勝沖に到着。
まずは水深40メートル〜80メートルラインからスタートフィッシング。

潮は軽く動いているので悪く無い状況。何度か流し直していると同船者に待望のファーストヒット!
落ち着いたなやり取りで上がってきたのは4キロ程のワラサ。
その流れで私にもヒット!


同サイズのワラサクラスをキャッチ。
ヒットジグはカレントライダー150g(アルミシルバー)
 

その後、飽きない程度にヒラメ、サバ、アイナメ、アジ、サワラなど多種多様な魚種が顔を見せてくれます。



特大鯵もジグにバイトしてきます!
45センチ程のビックリサイズ!
カレントライダー120グラム
 
その後、怒涛のサワラ地獄タイム突入!

同船者の三浦氏がスイムバード150gでキャッチ。


 

私にもサワラがヒットしてきました。
スイムバード170g (グローヘッド)。
よく見るとアシストラインが切られています。
 
その年にもよりますが、今年は特に宮城沖にはサワラが多い様な気がします。
食べては脂が乗っていて美味しい魚では有りますが、ジグのロスト率が高い所が非常にアングラー泣かせでもあります。

対策としてはフィッシングファイターからリリースされている、デビルラインをリーダーの先に結んで見るのも良いのでは無いかと思います。

その後、恒例の魚心スタイルで暗くなるまで粘りましたが、残念ながら鰤には出会えませんでした。
水温も例年に比べてまだ高くベイトの南下も安定して見られない事から宮城沖の鰤はまだまだこれからではないかと思います。

使用ジグ
スイムライダー150g〜180g
スイムライダー150g〜170g
カレントライダー120g〜180g

宮城沖をメインに操業している遊漁船
雄勝漁港出船 魚心 伊藤船長
石巻市鮎川港出船 はま丸 浜さん
石巻市小積浜出船 Y.s 浅野船長
塩釜港出船 翔英丸 佐藤船長

(小野田 正浩)


0 件のコメント:

コメントを投稿