2013年12月27日金曜日

博多から外房釣行!!  [藤本純子]


今年最後の釣り納めは関東!!

行く前にちょっと情報集め。
聞くと、皆さん『玄界灘の方が良いんじゃないの?』
『こっちは渋いよ〜』と厳しい意見・・・
(^Д^;)ええぇぇえ〜そうなの????

何でもチャレンジ!!
ワールドレコードの剥製を目に焼きつけ挑みました。



『 山正丸』さん
山口船長宜しくお願いいたしまーーーーす!!
 船も大きいが、乗船客も多い!!!
 巨大ヒラマサに出会えるチャンス到来♪♪♪





予報は3mうねりーーーーでしたが、早めに落ちてきたそうで5時に難なく出船。
初の外房、漁師さんは漁開始時間が決まっているそうです。






走る事 30分〜






普段よりワンランクライトタックルで準備。
ネイチャーボーイズ RPS 替えボビンは便利です、PE3号・リーダー50LBをメインにしてみました。






ミヨシは足場が高いのでベテランの方々にまかせ、私は安全第一!
右舷側の艫で場所を確保させていただきました。スミマセン(~_~;)





水深は20〜40m。
瀬が点在しており、急激に浅くなったり下がったり(~_~;) 
根掛かり注意のアナウンスが細かく指示されてました。
一流しすると、右舷と左舷を反対側に流しなおしたり、操船も細かいのに驚きました。
苦戦しましたが、少し深め60m〜
私には得意な深さ♪

『もわわわわっ〜っ』とジャレつきましたが、フッキングせず。
2回目のフォールでショートからロングピッチで『ドスンッッ!!』ときました。
『ワラサ!!』




ナイスコンディション!!
秋刀魚がベイトと聞いていたので
鉄ジグ スイムライダー ブルーホロを使用。
 潮の流れにより180〜200〜150〜135グラムを使い分けました。
速い時は3ノットだって凄いなぁ〜。
2〜3回根掛かりしましたが、2本目キャッチ♪♪♪






途中鳥山を追いかけましたが、タイムアウト。
ヒラマサらしきも出ていましたが、秋刀魚の動きが速過ぎて中々難しい状況でした。

普段アンダーキャストする事もあまり無いので技術不足だと反省。

臨機応変に対応できるアングラーに成長したい!!と、
次なる目標ができました(^∀^;)コツコツやらんとねぇ〜

今回、使い込んでいる鉄ジグだからこそ、感知できた部分もありました☆

厳しいと言われた外房で釣る事ができた。
白星をくれた相棒鉄ジグに感謝です。




0 件のコメント:

コメントを投稿