2017年12月13日水曜日

2017年12月10日、丹後鰤ジギング スイムライダー&ショート 久美浜・ヴィーナス [岡本 和朗]


はじめまして、京都在住の岡本和朗(かずお)です。
今回、ネイチャーボーイズフィールドレポート初投稿となります。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

12月10日(日)、丹後ブリジギングへ釣行。
お世話になったのは久美浜から出船するヴィーナス・古橋船長。

前日予定で予約していましたが、その日は西風が強く中止。
急遽、翌日12月10日に空きがあったので、仲間二人と変更して釣行することにしました。

当日の状況は 南風になり海上はバチャついていました。
本命ポイントの白石グリに行くまでにいくつか漁礁や感度(当エリアでは魚の魚探反応をこう呼ぶ)探りますがなかなかバイトに持ち込めない。

10時のポイント入りを前に、早めに白石グリ周辺に移動。
水深90~120m。ベイトは6~7cmのイワシとの情報。

まずは、前回実績のあるウィグルライダー190gで探るがアタリがありません。

船長から「ボトムから20~30m付近を感度が通過している」と聞いたのでフォールスピードを上げ、少しでもその周辺にジグを効率よく見せるために、スイムライダー230g(グローヘッド)に替えます。反応の出ているレンジを意識して、初速をつけてジャークすると船中一発目となるヒット!上がってきたのはメジロ(ワラサ)でした。


スイムライダー230g(グローヘッド)

その後は同船者の方にポツリポツリとアタるものの活性が低い状況。
なかなかアタリが出ないのでシルエットを変えるため、スイムライダーショート205g(ブルーホロ)に変更。反応のあるレンジを誘っていくと、サイズの良さそうなバイト!

上がってきたのは鰤サイズでした。


スイムライダーショート205g(ブルーホロ)

終盤、鳥山にもなりましたが、誰にもアタらず終了となってしまいました。
感度はあるので、今後に期待したいです。他の船では10kgオ―バ―の鰤も上がっていました。

今回、感度はあるものの口を使わない魚に対して、フォール速度と初速に優れるスイムライダー230gで反応を直撃し、初ヒットを得られました。

また、アタリが出るも掛からない状況では、捕食レンジを上げきらない魚に対して、シルエットが小さく細かくレンジを刻めるスイムライダーショート205gで鰤サイズをキャッチ。前回実績のあったウィグルライダーは、ショートよりもさらにフォールでアピールしたいときに効果的だと感じています。

鉄ジグには、青物専用5種類以上のジグがあり、潮や魚の活性に合わせた使い分けが可能です。
ぜひ、鰤に効果的な鉄ジグを試してください。


当日のタックル
タックル①
ロッド NatureBoys アイアンレンジ IRNB-663QD クイックドライブ
ソルティガ 4500H 
ライン PE4号
リーダー60ポンド

タックル②
ロッド Mcwork デュアルエッジ602LR
リール ツインパワー8000H
PE3号 リ―ダ―50ポンド

ヒットジグ
ウイグルライダー 190g
スイムライダー 230g(グローヘッド)
スイムライダーショート205g(ブルーホロ)


鉄ジグ製品情報


(岡本 和朗)

0 件のコメント:

コメントを投稿