2016年5月9日月曜日

石川県輪島 ブリ、ヒラマサジギング釣行[千葉 勝彦]

5月6日 大潮 釣船 天翔丸 

前日午後7時に出発、650kmを走破して港に着いたのは翌日の午前3時半。
一睡もすることなく薄暗いなか4時30分に出船。
当日は風、波もそれほどなく徐々に空が明るくなってくる。



 ここまで不眠のため意識が朦朧とするが、初めての輪島釣行ということもあり気持ちが高ぶり
まったく眠れない。航程約1時間ほどで本日のポイント、七ツ島へ到着。



合図と共にスイムライダー180g(ピンクホロ)を投入。
船中1発目は運良く自分にヒット。

上がってきたのは、北陸方面でよく言われるガンドサイズ。
僕らがイナワラと呼ぶサイズだ。
これを機に爆釣モード突入かと思ったがこの1本で終了。

魚探にはいい感じで魚は映っているが、なかなか口を使ってくれない
ベイトが小イカということもあり、早い動きでは反応が悪そうに感じたのでリールをローギアに替えスイムバード170gを投入。
スライド幅を少なくしゆっくり丁寧にシャクると即バイト。
これは4㌔クラスのワラサだ


これでパターンを掴みコンスタントに魚がアタってくる。
周りでハイピッチジャークをしている人にはやはりアタリがない。
さらに、鉄特有のフォールの遅さもあり良いタイミングで食わせの間を与えてくれる感じだった。

いつもは当たりジグを1日通して使用するが、今回は同じフォルム、カラーだとすぐに見切られバイトが遠のく感じだったので頻繁にジグを替え数を伸ばした。

3~5㌔を数尾上げるうちに底のほうで今日一番のバイトが到来。
中層まではすんなりあがってきたがそこから急に走り出す。
今までのワラサの引きとは違う暴力的な引きだ。
上がって来たのは6.2㌔のヒラマサだった。




それから昼近くになり風が強まり船が早く流されジグがどんどん斜めになりバイトが遠のく。
当日は人数も少なかったのでドテラで船を流していた。

朝から感じていたが今日はラインが垂直に近いほうがバイトが多かったので、あえて反対側に行き、遠投してジグが底に着いた時に垂直になるようコントロール。
すると、すぐ答えが帰ってきた。

この日最大の6㌔のワラサを追加。



それから数本ワラサを追加し風が強くなる予報だったので正午過ぎに沖上がりとなった
当日は大型も出ず活性が低く決して良い状況とは言えないが、いかにパターンを掴むかによって釣果に差がでた1日だった。



往復1000kmと長い道のりだったが
いろいろと勉強になった価値のある釣行だった
 

TACKLE DATA
ROD:IRONRANGE NATURALDRIVE(アイアンレンジ ナチュラルドライブ)IRNB-663ND
Jig:スイムライダー180g、スイムバード170g、スイムライダーショート175g
Accseary:鉄腕スプリットリング #6.5

0 件のコメント:

コメントを投稿