2014年6月9日月曜日

相模湾にシイラ到来!   [秦京子]

今年も相模湾にシイラ到来!
平塚のアングラーズクラブ ライズの齋藤京子さんと一緒に、大磯 邦丸さんに行って来ました。




サーフィッシュ140Fをセッティングしていざ出船。
サーフィッシュはダイビングペンシルです。
フロントアイ部分の形状が少し特殊で、これにより発生するバブルが魚に強くアピールします。
私はシイラの時は、ダイビングさせてS時アクション→そのまま浮き上がらせずに高速ただ引きや、ショートトゥイッチで首振りドッグウォーク。
潮目撃ち等ではロッドを起こして水面を泡立てる様にシェイクしながら引いてくると流れ藻の影から突然横っ飛びバイトしてきたりします。







さて、まだ開幕したばかりのシイラ。
水温もボーダーラインなのでシイラが居るか居ないかは行ってみないと分からない時期。
しかし序盤からポツポツふらつきを発見する事が出来てまずは一安心。

フラツキを見つけると、船長に聞こえる様に『いたよ〜〜!』と大声で知らせ、
同時にシイラの進行方向の先に投げます。
シイラは少し深く反応薄めだが、時々スイッチが入ってサーフィッシュにバイト!
しかし、これがなかなかフッキングに持ち込めない。
豪快に水柱立てながら突っ込んできたり、オデコで弾かれたり・・・。
ルアーはちゃんと仕事してるのに、釣り手がフッキングに持ち込めません。

そんなこんなしてる間に後半戦。
所々でシイラのモジリに遭遇するようになり、
ダイレクトに撃ち込むとシイラがサーフィッシュに突進!
今度はうまくフッキングし、無事に今期初シイラをキャッチできました。







その後は20本位のシイラの群れに遭遇!
淡い群青色の中に悠然と泳ぐ姿に思わず見とれつつキャスト。
しかしこれは非常に深く、ミヨシ側で皆であれこれ手をつくしてもフラれまくり。
すると、大ドモの齋藤京子さんがヒット!







ミヨシ陣が釘付けだった群れとは別の単体を見事に狙い撃ち。流石です!
難なくタモにおさまり、こちらも今期初シイラキャッチ。








モジリを探しながら水面の変化に目を凝らすと、
4cm位のやや大きめなシラスの群れが水面を泳いでいた。
コレを食っていたから勢いの割にバイトが浅かったのだろうか・・。

初物は嬉しかったが、反省点多々ありの釣行。
しかし、シイラはたくさん見る事が出来て、船中全員キャッチ。
これからのシイラシーズンに期待が持てる一日にもなった。
関東は梅雨入りしてしまったが、梅雨の中休みを狙って釣行してみてはいかがでしょうか。
その際には、スイムライダーキャスト・サスライダー等の小さなジグも忘れずに!

齋藤京子さん、同船された皆様おつかれさまでした。
大磯 邦丸さん、ありがとうございました。



ヒットルアー:サーフィッシュ140Fブルーイエロー









0 件のコメント:

コメントを投稿