2018年3月15日木曜日

2018年3月初旬 スイムライダーショート205gで玄界灘ヒラマサ9kg 福岡神湊Y’s/和丸 [彦坂 淳一]


3月初旬、ヒラマサシーズン初期の玄界灘に遠征しましたので報告いたします。
12月は玄界灘に初釣行し、キャスティングで10kgヒラマサを上げました。
今回もまた同じくらいのヒラマサを釣りたいところです。

1日目
福岡県宗像市神湊からY'sさんで出船。

釣り場は3日間を通して玄界灘に浮かぶ世界遺産 沖ノ島 周りでした。


キャスティングではタックル2セットを用意し、一つにサーフィッシュポローニア220F、もう一つにワタリガラス160Fを装着してキャストを繰り返しましたが、全体的に魚の反応が鈍く不調。でも、時折チェイスとかがあってやっぱりキャスティングは面白いです。
同乗者も不調でキャスティングの後は、ジギングにチェンジ。
吉武船長曰く、「シケが続いてベイトが下がっているからジギングなら食うだろう」と。

そして、ウィグルライダー190gナクイグローを落とすと、いきなりドーンとアタリ。
ガンッ!とアワせる。

ギューン!!!!とリールのドラグが唸り、ラインが引き出される音が響きます。

ヒラマサですね。巨大な感じ。
ドラグをガチガチに締めたいですが、この時のリーダーはフロロ50lb。

なんとか根に入られるのは避けて、格闘を続けるとちょっとだけ疲れてきたのか少しだけ上がってきます。
5分くらい格闘しましたが・・・プツッ。

50lbのリーダーが力尽きた感じで切れていました。
こんな感じで歯を食いしばってファイトしていたようです。


ファイトシーン(Y’s 吉武船長撮影)

ちなみに同じ瞬間に掛かってトモで上がったのは15kgヒラマサ。
後に船長に聞いたところ、ファーストランの感じからして私のは推定それ以上だったと言われました。

1日目はその後バラシが1度のみで、結局ボウズでした。
船長推定15kgクラスをバラしたことも痛いですが、ボクのエースジグのウィグルライダー190g(ナクイグロー)をロストしたことが翌日以降にも響いたと思います。


2日目
この日もY’sさんに乗船し、沖ノ島周りに出陣。
昨日ジギングで15kgが上がったことからジギング中心となりました。

周りでヤズ(イナダ~ワラサ)が上がり始めました。
私にもスイムライダーショートでヤズがヒット。


またヤズ。沖ノ島を背景に撮影。



周りではブリサイズや10キロヒラマサも上がっていますが、私は釣れども釣れどもヤズ・・・。
この日はレッドゴールドが当たりカラーのようで、ボクも途中からスイムライダーショート205g(レッドゴールド)をずっと使いました。

その後もひたすらヤズが掛かり、結局、2日目はヤズ6尾で終了。


2日目終了後、地元の釣具屋さんにダッシュして、60lbのフロロリーダーを調達してきました。
“最終日はデカいの釣るぞ”と意気込みます。

3日目(最終日)
前夜、スプールのジギング用リーダーを変更。60lbを2つ、55lbを1つ、50lbを1つ、としました。
ジギング用ロッドは1本だけですから、スプールを替えながら頑張ります。

3日目は和丸(かずまる)さんに船を替えて出陣。
和丸の船長さんはY’sさんで5年修行して独立された若手の船長さんです。
場所は同じく沖ノ島周りに向かいます。

朝からしばらくはキャスティングで探ることに。

せっかくの玄界灘。キャストで1尾でもいいから上げたいですが・・・。ダメでした。
 ジギングに変更すると、またヤズ。


その後は潮が止まり、何も釣れないように。
  その後、鉄ジグ(スイムライダーショート205gグローヘッド)に戻すと、またヤズ。

最終日の日が暮れていき、「本命ノーヒットで終了か」と思っていると、船長から「最後に漁礁に行きます」と大移動。

フックを変更しドラグをがっちり締めて投入。
自分を信じて、自分の一番得意なリズムでシャクると、「ドーン」とアタリ。

漁礁ですから1mたりとも潜らせるわけにはいかない。
ドラグフルロックで格闘。気合いで上げると果たして・・・


7kgヒラマサ でした。嬉しい1尾です。

3日目の最後にやっとヒラマサ釣れました。


そしてちょっと移動。船長から「最後の流しです~」とのアナウンス。
漁礁/瀬周りのポイントなので、ここでも1mもラインは出せません。
7kgを上げたのでアシストが傷んでいるかもしれないとフックをまた変更。

持参したうちで最大の新品フックを使います。さらにリーダーも傷んだ先の1mくらい切って締め直します。
ラインからフックまで全部新品にして最後の流しにかけました。

すると、ひったくるようなアタリ。
デカいです。ドラグはガチガチですから、竿ごともっていかれそう。
とにかく根に入られたらおしまい。フルロックのガチ勝負でした。
60lbの痛んでないリーダー、新品の太軸フックですから、ある程度はフルロックでいけると計算してファイトしていました。

お立ち台でやっていたので、魚の引きと船の揺れでフラフラしながらも踏ん張りました。柵にしがみつきつつリールを巻き上げました。格闘の末、上がったのは


9kgヒラマサでした。ヒットジグは、スイムライダーショート205g(グローヘッド)。

初日にバラした船長推定15kg以上クラスではありませんが、最後に満足の行くサイズをゲットできました。

ということで3日間が終了。最後の最後に釣れてよかったです。

今回はキャスティングではチェイスのみ終わったものの、初日にはウィグルライダー190g(ナクイグロー)で大型らしきヒットを得て、最終日に鉄ジグでヒラマサ2尾をキャッチすることができました。また、ヤズはずっと釣れ続いていました。

ジギングを初めてまだ2年弱ですが、今回の九州遠征では鉄ジグのおかげで、なかなか味わえない遠征の醍醐味を満喫することができました。

いつも御指導いただく船長さんたち、同船された方々、今回もお世話になった会社の釣り部のT先輩に改めて感謝いたします。

今回の使用タックル

●キャスティング
EX845/ Twin Power 14000XGステラPower Drag仕様 PE6号/ナイロン150lb
EX804/ Twin Power 14000XGステラPower Drag仕様 PE6号/ナイロン130lb
プラグ:Nature Boysサーフィッシュポローニア220F/WATARIGARASU160F、シマノ別注平政

●ジギング
NB604SS / Twin Power 10000PGステラ8000スプール PE3号/フロロ50-60lb
ジグ:鉄ジグ、ウィグルライダー、スイムライダーなど

鉄ジグ製品情報
http://www.e-natureboys.com/products/ironjig/ironjig.html

1日、2日目
宗像・Y`sさん釣果ブログ
http://ysship.blog.fc2.com/blog-entry-479.html

3日目
宗像・和丸さん釣果ブログ

(彦坂 淳一)

0 件のコメント:

コメントを投稿