2016年11月22日火曜日

宮城・江の島沖のブリジギング2016[千葉 勝彦]

今年も1年を通して宮城県の江の島沖でジギングをしてきました。

このポイントは「一発大物狙い」で過去には13kg級まで上がっている宮城県随一のブリポイントです。ここ近年10kgオーバーはあまり耳には入って来なくなったが今年も8kgオーバーサイズは数本上がっています。
毎年911半ばにかけ大物の実績があるので私も頻繁に通いつめています。

917日 大潮 釣船:魚心
時期的に9月は水温がまだ高く、大物は薄いが、毎年走りでブリクラスが数本上がっているので状況確認も兼ねての釣行。
1級ポイントの大曽根へ到着しJIGをキャスト、水深は70m前後

スイムバード・ナクイグロー170gを投入
ベイトはイワシやサバ、イカ類を捕食していると思われる。
ジグをしゃくると良い感じで潮に絡んでくれる
前の方で4kgクラスのワラサがHIT
少しすると右舷の人に大物が掛かるも痛恨のバラシ
するとすぐに15mほどしゃくった所で私にHIT、まずまずの重量感
上がって来たのは7kgの良型だった。
そして時合が終わりその後は潮も動かず34kgサイズのワラサを数本釣り上げ終了となった。



1030日 大潮 釣船/はま丸

通常であれば10月は毎年大物が出る月なのだが、今年は水温が下がらず
あまり良い結果が無いまま10月も終わりという時に、最後の望みを胸に挑んでの釣行となった。
当初、大曽根に入るが反応が悪く不発に終わる。
その後ポイントを点々とするが、どこも反応が悪くイナワラクラスが単発で釣れる程度。
今年は水温が高いということも、サワラが非常に多く、80cmを超える良型がコンスタントに釣れていた。
食材としては最高のターゲットではあるが、この魚は歯が鋭くリーダーが切られルアーをロストしやすい。サワラ対策としてデビルラインは必須と感じた。



午後になり大曽根が良くないので、足島沖の根を攻めてみることになる。
数回ポイントを移動すると今日一の反応があり
すぐさまスイムバード・ナクイグロー170gを投入、水深は80
すると右舷の人にHIT上がって来たのは6kgクラスのワラサ
その後すぐさま私にHIT同じく6kgクラスだった
今回も時合は短くこの1回で終了となった



今年の私の宮城県ブリの釣行はこれで終了となるはずでしたが、11月中旬、はま丸より大型ブリの釣果が聞かれました。



鉄ジグ スイムライダー180gピンクホロでの釣果だったとのことです。


11月10日には、岩手県大船渡の広進丸さんでもブリクラスが連発とのことだったので、今年はまだいけるもかも知れません。
東北の日本海も太平洋側もまだまだ目が離せません。


ロッド
アイアンレンジ IRNB-663ND

リール
ステラ14000XG
 
ジグ
スイムライダー  シャイニンググロー 180g
スイムバード   ナクイグロー 170

アクセサリー
フィッシングファイターズ
鉄腕スプリットリング 6.5

マリンブラックDC 40

(千葉 勝彦)

0 件のコメント:

コメントを投稿