2014年10月31日金曜日

東京湾タチウオ&青物  [秦京子]

久々に取れた休日。
ちょっとでも多く海に浮かんでいたくて、午前タチウオ・午後青物をやっている八幡橋 鴨下丸さんに通しでお邪魔してきました。

まずは午前タチウオ。
タックルを持って乗船すると、右舷は既に餌師で満パン。
準備中の同船者と挨拶を交わしながら左舷の空いてる釣座に落ち着く。
ポイントは観音崎沖 水深60m前後。反応は底から20mの範囲。






手元にはスイムライダーショートの145g~80gをスタンバイ。






久々のタチウオ。今日はどんなかなーと周りの船を見渡すと、ルアーの人はかなりのハイピッチで巻いてかけているので私も同じように早いワンピッチでやってみるが、アタリはあってもフッキングまで行かない。
そうこうしている間に後ろの餌釣り師はバシバシかけていてちょっと焦る。。。

ならばと、ティップが柔らかいロッドに変え、超スローでフワフワ巻きをしてみと、、、

ズンッ!

忘れかけていた感触がやっと到来。

スピードの緩急よりはジグの動きが大事な感じで、あまりスライドさせずにくねくねさせるイメージで巻いてくるとヒットが続いた。






流れも早いのでこの水深でもジグはスイムライダーショートの145gを始め使っていたが、125g、100gと、軽くしていく程アタリは出た。
フォルムが小さい方が有利な感じで、お祭りに気を付けながら投入する。






アタリの方は潮が緩んで行くにつれ徐々に上がってきたものの、食いが非常に浅い感じで、
船上にタチウオを上げるとフックが簡単に外れてしまう。
しっかり合わせを入れているつもりでも、バラシが多い。
しかし鉄ジグのお陰でおかずは充分確保して一旦納竿。








そして午後船は青物探索。
予報通り風が吹いて来て、ポイントの中ノ瀬に着く頃には海はすっかり悪くなっていた。
サワラ・イナダ狙いで鳥山を追いかけるが、鳥の下は本命ではなく小さなショゴの群れ。
4~5cm弱の極小イワシが水面を逃げ惑っていて、序盤は上も下もルアーに反応せず苦戦。
終了間際になって、横引きしていたサスライダーを追いかけてきてジグに反応し始め、船中でもジギングでショゴが2本上がったが、残念ながらタイムアップ。

海は悪くとも粘り強く走り回ってくれた船長に感謝、感謝です。
夜明けから日暮れまでコッテリ東京湾を満喫して帰宅しました。

八幡橋 鴨下丸さん、船長、ありがとうございました☆



タチウオヒットルアー:ネイチャーボーイズ スイムライダーショート125g・100g








0 件のコメント:

コメントを投稿