2014年5月28日水曜日

白浜渡船でヒラマサ!   [山本貴正]

Nature Boysスタッフが行く!フィールド出張サポート at 白浜渡船



キャスティング府中店様米原副店長よりご要望が有ったジギング講習会に行ってきました。
ここ最近の最新トレンドを知りたいとのご要望で、鉄とはなんぞや?を中心し最新タックル盛り沢山にて行なってきました。

朝5時半に出船し、港前10分のポイントへ。水深50mから12mにあがる高根周り。
おそらく食ってくるのはかけ上がり始める場所だろうと予測。まず第一投目。
基本となるスイムライダー150gを米原さんに投入していただき、鉄の動かし方をレクチャーする。
昔からの基本ワンピッチをレクチャーし、動きが出来始めると、竿先に変化が!
ジャレ付くアタリをしっかり合わせて難なく1本目をキャッチ。
「鉄は動かし易いですね。間がとり易い。」とうれしい一言。
バスを中心とした釣りを行なわれているだけあって手感覚の鋭さは流石です。








今がチャンスと撮影後すぐに投入して3投目にまたヒット!今度はガツン!とひったくるアタリ。
アイアンボウ613をしならせて上がってきたのは4kg超えの良いサイズ。
朝の高活性を物にしてなんとか2本ゲット。








船の上もあっちこっちで取り込まれて、活性の高さを伺わせる。











その後はアタリが遠のく場面が有るが、ポツポツとヒットがあり、午前船全員キャッチとなり港に戻りました。


状況としては、決して良いとは言えませんでした。
朝一の潮は適度に濁りがあり緑がかった色で、いかにも食わせ易い感じであった。
しかし、沖口から澄み潮が入り始めると、ナーバスな状況に。
流れはあるが良いと感じる流れではなく、なんとなく重い感じの流れであり、
沖よりも灘よりの浅根周りの方が良いが、光量があり追ってくるが食わせきれない状況でした。
最後の方は、魚が浮き気味でレンジが見えなくなり、四苦八苦。
回収するジグを船縁まで魚が追いかけて来るほどでした。
(納竿10分前だった為に誰もTOPを投げなかった)

同船した鉄ジグを愛用していただいているお客様もヒラマサをキャッチし、全員が満足いく釣行となりました。



使用ロッド:アイアンボウ(プロト)613
      アイアンウイップ622
  ライン:PE3号+リーダーフロロ12号(4ヒロ)
  ジグ ;スイムライダー135g、150g
      スイムバード130g、150g
      カレントライダー180g150g(プロト)






0 件のコメント:

コメントを投稿