2014年5月26日月曜日

石川県能登半島 富来のジギング  [柳賢太郎]

近年では10kgオーバーの鰤、さらには20kgオーバーのヒラマサまでもが
狙える海域として注目されている石川県輪島。
その輪島から約40km南西に地元ジガーが足繁く通うジギングフィールド富来があります。
今回は石川県富来にて『Nature Boys スタッフが行く!フィールド出張サポート』が行われました。




このサービスは、釣具店様からのご要望があれば、実際に釣具店主催の釣行会へお邪魔し、
Nature Boys製品に関する説明や、必要であればビギナー様へのレクチャーもさせて頂くという企画です。

今回、お世話になった船宿は、富来町西海漁港から出船のさくら丸さん。
当企画のご用命を頂いたのは、新潟・石川で5店舗を展開されるフィッシャーズ様です。





この日、輪島の船は全船中止。午後には時化となる予報だったが、船長判断でAM500出船となる。








20分ほどでポイントへ到着。
水深は6070mの根周りやかけあがりを、ドテラ流しで広範囲に攻めていく。
開始12時間は潮がほとんど効かず、無風の為、船も流れない状況。








数度のポイント移動後、沈黙を破ったのはフィッシャーズ黒埼店スタッフ 四柳氏。








スイムバード170g ナクイグローでガンド(ワラサ)をキャッチ。
その後もコンビネーションで緩急を付けガンドクラスを連発。

潮も徐々に動きだし、低活性ながらもパターンを当てたアングラーはHITに持ち込む。
船長の話ではベイトはコイカらしく、横方向へのダート距離を押さえたスロー気味なアクションがここ数日のヒットパターンとのこと。

地元エキスパートの松中氏はコイカパターンにしっかりアジャストさせ、
スイムライダーShortのレッドゴールドで連発。








そしてフィッシャーズ金沢店スタッフ伊東氏にグッドサイズがヒット!








スイムライダー180g ナクイグローを低速~中速にて丁寧にワンピッチ。
鉄ジグならではの浮遊感を活かしてのヒット。
その後は3kg前後のフクラギ~ガンドクラスがコンスタントにヒットするが、
なかなかブリサイズは出ない。

唯一ベイトタックル、アイアンウィップIWNB-573Bを持ち込み、
移動距離を押さえたワンピッチでコイカパターンに合わせたフィッシャーズ竹尾IC店中野氏は、
大型と思われる魚をバイトに持ち込む。








スイムライダー150g ナクイグローにて
7kg台のグッドコンディションのブリをキャッチ!

この日はナクイグローへの反応が良く、北陸方面では定番とされるグロー色の効果がてき面に出ていた。私もスイムバード170gのナクイグローへチェンジし、ブリクラスを狙う。
釣れているアングラーを真似て若干スピードを落として誘うと、ズトン!!








私にも同クラスのブリが釣れてくれた。初めての海域で釣れたブリは格別に嬉しいものです。
その後、立て続けに2本のブリを釣られたフィッシャーズ本部の坪川氏








アイアンウイップIWNB-622で、スイムバード170gナクイグローを使用し
ジグをナチュラルに泳がせ、アベレージサイズを優に超えるブリを連発。

最後は松中氏がスイムバード170gにてヒラマサをキャッチし沖上がりとなった。











懸念されていた天気も何とか持ちこたえてくれ、能登半島の海を満喫することが出来ました。
今回、目標の10kgOVERは出なかったが、日本海における鉄ジグの有効性を証明することが出来たのではと思います。
これからの季節、トビウオの回遊とともに富来~輪島エリアはジグはもちろんトップウォーターでのブリ、ヒラマサ狙いも本格シーズンを迎えます。今後もこのエリアから目が離せません!




Nature Boysスタッフが行く!フィールド出張サポートのご用命、お問い合わせは下記までご連絡下さい。

仙台ブランチ〒983-0034宮城県仙台市宮城野区扇町7-8-26
TEL080-8204-5233 FAX022-353-6651   担当:柳まで





0 件のコメント:

コメントを投稿