2013年9月26日木曜日

フィールド出張サポート in 越喜来湾!   [柳賢太郎]

9月中旬 岩手県を代表するジギングフィールド「越喜来湾」にて、
Nature Boysスタッフが行く!フィールド出張サポート』を行いました。

このサービスは、釣具店様からのご要望があれば、実際に釣具店主催の釣行会などへお邪魔し、
Nature Boys 製品に関する説明や、必要であればビギナー様へのレクチャーもさせて頂くという企画です。





今回お世話になった船宿は大船渡市 崎浜漁港より出船の喜多丸さん
愉快な中嶋船長が笑いと釣果をお約束してくれます。

乗船メンバーは釜石市の釣具オヤマ様が集められた釜石市~大槌町の方々。
近年、10kgオーバーの通称「大鰤」が狙える岩手県沿岸。
期待に胸膨らませ、鉄ジグメインでスタートフィッシング。








先ずは、鉄ジグの基本アクションとなるワンピッチ・ワンジャークを見て頂こうと、
スイムライダーを投入するとフォールで良型ヒラメがHIT
そして、船長にも試しに使って頂いた鉄ジグ スイムライダー180gに本命の青物がHIT








幸先良く魚が反応し、高活性かと思いましたが、底潮が緩くその後、長い沈黙が続く。
レクチャーなどを挟みながら、休むことなくジャークする参加者の皆様。そして、沈黙を破る1本。








潮が動かない渋い状況の中、貴重な青物です。

その後、何尾かイナダがキャッチされた後、船長判断でポイントを大きく移動。
午後になり、底潮も動き出す。そして、活性が低い事を考慮し、スロータックルで鉄ジグ スローライダー185gを操る佐々木様に待望のビッグバイト!!








ライトタックルの為、慎重にジワリジワリと距離を詰めていきます。
数分の攻防の末、上がってきた魚は・・








コンディション抜群、重量感タップリの正真正銘の「鰤」








ブリ8kgジャスト(血抜き後陸上計測)鉄ジグ スローライダー185gゴールドゼブラにて。

この1本に船上も大興奮!皆様が、この一発を信じてキープジャーキング。












その後は、やはり渋い時間が続き、ブリクラスは姿を見せる事はなかったですが、
参加者全員が魚を手にする事が出来ました。
一発大物が期待できる越喜来湾の魅力、そして東北太平洋岸での鰤の実績が高い鉄ジグの威力も再確認できた1日でした。




 メンバーを総入れ替えして望んだ2日目は、生憎の雨模様。台風の影響もあり、ウネリも高く風も強い状況。魚影も薄く、船長も丹念に探してくれましたが、釣果には恵まれない1日となってしまいました。
そんな厳しい状況の中、貴重なヒラマサを手にした佐野様








シャローのヒラマサゲームも今後期待できると思わせる1本。
今年は、10kgオーバーのヒラマサも上がったとウワサされる岩手県沿岸部。
今後も目が離せないフィールドです。

今回、参加頂いたアングラーの皆様、そして、当企画をご用命下さいました釣具オヤマ様、
2日間大変お世話になりました。
今後もこのフィールドで更なる実績が積み重ねられる事を願っております!





Nature Boysスタッフが行く!フィールド出張サポートのご用命、お問い合わせは下記までご連絡下さい。

仙台ブランチ
983-0034
宮城県仙台市宮城野区扇町7-8-26

TEL080-8204-5233 FAX022-353-6651   担当柳まで




0 件のコメント:

コメントを投稿