2012年10月24日水曜日

SURFISHでセイルフィッシュ  [秦京子]





10月3日~8日まで、マレーシア・ロンピン遠征に行ってきました。
ターゲットはセイルフィッシュ(バショウカジキ)です。

そして目標は「ルアーでのキャッチ」

セイルフィッシュにはシイラ用のタックルとルアーがそのまま流用できます。
しかし、ルアーはトレブルフックのままよりシングルフックや
それを背中合わせにしてチューブで固定した蝶々フックの方がフッキングしやすいと
の事。
SURFISH140FとSのそれぞれにパターンを変えながらセッティングしました。






セイルフィッシュはフッキングが非常に難しく、
ヒットして、何度も何度も合わせてもポロリとフックアウトしてしまう。
初ロンピンだった去年は、それに泣かされライブベイトでのキャッチのみで、
ルアーではキャッチできなかった。
今年はまさに去年のリベンジ!



初日、ロンピンに到着してすぐにボートに乗りました。
今回のツアーは計6名。
小型のボートに2名ずつ乗り、40分程でポイントに到着。
周りではポツポツと鳥山ができていて、その下にはセイルの背びれがゆらゆらと交差
している!
ミヨシとトモにわかれ思い切りフルキャスト!
3日半のセイルフィッシングがスタートしました。



鳥の下にはたとえ1羽でもセイルがいる確立が高い。
セイルが見えなくてもとりあえず鳥の下に投げてみると、水面直下で早めに泳がせて
いたSURFISH(F)にセイルがバイト!

フッキングには至らなかったが、すぐさま投げ直し、同じ様に水面下を走らせると回
収寸前に再びチェイス!
その勢いでSURFISHが少し沈んだのでラインをたるませそのまま足下でフリーにすると
セイルがゆっくりルアーの周りを一周。
セイルがおこした水流で更にフラフラと沈んでいったSURFISHをセイルはゆっくりくわ
えた!

足下での事だったので丸見え!(笑)
まるで本当に弱った鰯を背びれで追い込んで補食したみたい。
スグにアワセたい気持ちをぐっとこらえ、
竿にしっかり重みが加わり、セイルが走り出してから鬼アワセ!

5kg設定のドラグが勢い良く出て、遥か向こうでジャンプ!
小型という事もあり順調に寄って来て4分程でキャプテンがビルをキャッチ!
去年は叶わなかったルアーキャッチを無事達成できた!
しかもなんと初日の約10投目で。

セイルを連れて来てくれた「SURFISH」に感謝。色はこのブルーイエロー。







二日目は、ルアーにチェイス、バイト等あるものの残念ながらフッキングにつながら
ずライブベイトでのキャッチのみでした。


そして、三日目。

今までのポイントよりも遠いポイントを目指し1時間30分走る。
到着すると、やはりセイルが悠然と泳いでいて、時折何かにバイトし水しぶきをあげ
ている。

期待を込めて、初日のヒットルアーからスタート。

ルアーへの反応がかなり良い!
何カ所か移動を繰り返したあと、ゆっくりダイビングさせて水面下をくねくね泳がし、
ポコッと水面に出て来た所にバイト!
アワセも決まって、ファイト開始。

「お願いバレないで~~~・・・バレないで~~~~・・・」と

心で願ったり口に出ちゃったり(笑)しながら竿をあおる。
ファイトや、セイルを見つけたりするのは、夏のシイラの経験がかなり活かされまし
た。

6分半でキャッチ。

1尾でも嬉しいのに、しかもサイズアップで最高に嬉しいルアーキャッチ2尾目。







その後もルアーへの反応は良く、何度もヒットしたりドラグを出されたりしたが、
フックアウトの連続でキャッチできず!
セイルの他にはダツや、サワラにも激しくアタックされました(汗)



四日目(最終日)は、再びもとのポイントに戻りSURFISHを投げ倒すが、
やはりヒットしてもフックアウトしてしまう。。。ホントにフッキング難しい・・・

16lbでのキャッチをしたかったので、ライブベイト用タックルのリールをチェンジ。
ヒットしたかと思いきや、途中のメインPEが通りすがりのセイルのビルに絡まってい
た。
ビルのザラザラですぐにラインが切れてしまうかと思ったけど、慎重にやりとりした
らなんとキャッチできました。
ビルに絡まったPEを外し、船に上げずそのままリリース。







その後時間ギリギリまでルアーを投げていたが、タイムアップ。。。

どんなに良い釣果に恵まれても、釣りが終わってしまった瞬間はホントに寂しい思い
になります(笑)


この遠征では、ルアーで2尾・エサで2尾という釣果でした!
これはかなり満足!

「三日目、アレだけバイトがあれば、あともう1尾くらいキャッチできたかも・・・」

とも一瞬思いましたが、そうウマく行かないのがこのセイルフィッシング。
この難しさも魅力の一つですね。


タックルはシイラ用のがそのまま使えるので、初めての海外遠征にもおすすめです。
是非、みなさんもセイルフィッシュにチャレンジしてみて下さい!






ツアーのお問い合わせ
(株)フィールドゲート
TEL:03-5825-8186

0 件のコメント:

コメントを投稿