2012年7月3日火曜日

御蔵島釣行  [親方]


6月前半に御蔵島に一泊二日で釣行に行きました。
数年前にヒラマサフィーバーの有った島。
最近ではあまり話題に上りませんが、あそこにはいる筈と思い今回行ってみました。


一日目、船長曰く・・・潮が逆だ(涙)
それでも同船者に大物らしき当りが一発、根ズレでブレイクで終わりましたがありました。
その日は三宅島の民宿に泊まる事に。
数年ぶりに来た三宅島は島の一部しか見ていませんが、以前来た時よりは幾分噴火の傷跡が癒えた気がしました。

2日目、島について船長一言「昨日と潮が逆だ」
これには同船者、皆、期待大です。
やはり来ました!大トモ、隣でしゃくっていた島村さんにズドン!と18kgの大マサです。




ヒットルアーはスイムライダー200g新色のカタクチK(ケイムラ)です。





俄然、活気付く船中。
ポイントを変え水深50m前後のポイントへ。
反応は水深20~30m辺りに集中との事で、スイムライダー130gのナクイグローを高速でその層を通してやると小型のヒラマサ、5kg前後位ですが見事ヒット!
隣のアングラーも同じ様にスイムライダー180gシルバーホロを早め通してやると同サイズが見事にヒット!です。






水深50m反応が3020と言う事でトップでも出るのでは?と思いジギングの邪魔にならぬ様に大トモでサーフィシュ180Fをキャスト。
7kgほどのヒラマサですがこちらも見事一発で出ました。

それを見て船長もエンジンを切ってドテラで流す事に。
風下キャスト組、風上ジギングに分かれての流しに。
トップで活性が上がったのかジグにも中層でバイトが増えトップにもチェイスが、カンパチもトップ、ジグにもバイト。
そろそろ寄港の時間も近づき最後のポイント。
水深90m位で反応は40~60mとの事で底を取らずに30~70をネチネチとシャクっているとズドンと入りましたが・・・10分程やり取りしても、どうにも頭をこちらに向けられません。



最後は船下のキツいポジション入られて船底に擦れてブレイクです。
やっぱりあの島にはいます。モンスターサイズが・・・
今回は曇天で水色もあまり良い感じでは無かったせいかなのか?
スイムライダーのカタクチK(ケイムラ)のヒット率が1番高かった気がします。



 

0 件のコメント:

コメントを投稿