2011年8月16日火曜日

相模湾のキャスティングゲーム   [中島勝則]





連日の猛暑で人間の活性は下がり気味!?
だが、相模湾の魚の活性は上々であるようだ。


/7日、私も所属するクラブの例年行事として
10人で横須賀市・長井の「鈴清丸」に行ってきた。
相模湾のシイラゲームと言えば「すれっからしのシイラをいかに攻略するか」
がイメージされると思うが今年は違う。
魚の数も活性も高く「飽きるほど釣れる!?」との前情報で、
キメジやキハダマグロさらには黒マグロまで釣れている最高の時期に
釣行することができた。

マグロのナブラが出るのは太陽が高くなる10時頃からなので、
それまでの時間はシイラに遊んでもらうことに・・・。
潮目に沿って船を進めて行くとシイラの姿を目視できる。
通常ならキャスト開始となるのだが今年は違う。
目視できるサイズが80センチ級の場合はパスして、さらに大きなサイズを探す。
メーター級の時だけキャストする流れだ。なんとも贅沢なシイラゲーム!





メーターオーバーを1人3本ほどキャッチしてとりあえずシイラゲームは終了。
次のターゲットのために鳥山&ナブラを待つ。
船長の予想どおり10時頃から鳥が増えてきた。
鳥山を発見してスロットル全開、いわしボールにキメジがボイルしている。
スイムライダーショート80gをいわしボールの中ゆっくりフォールさせると早速ヒット。
3~5キロサイズのキメジが連続ヒットして船上はお祭り騒ぎになる。





さらに大きな魚を狙って鳥山を探す・・・とさらに大きな鳥山を発見。
今度は30キロ級のキハダ、100キロオーバーの鮫がボイルしている。
船上の興奮もピークに!
同船者2人がヒットさせて1本キャッチすることができた。
残念ながら、もう1本はもう少しの所でフックアウトしてしまった。





と言う訳で今年の例年行事「相模湾キャスティングゲーム」は大盛況で終了することができた。

0 件のコメント:

コメントを投稿