2011年5月10日火曜日

久しぶりの七里ヶ曽根  [藤本純子]


キャスティングメインで久しぶりに武蔵丸さんにて出船。

時化続きで七里ケ曽根は久しぶり。
せっかくなので、ジギングもしたくてキャストする反対の左舷にて開始した。
潮が緩い中ラインを出し気味でトライ。
水深は60m~70m 、バードのグローピンク170グラム。
遠くからも発見される事を狙って投下。 
ワンピッチで底からシャクリ上げ中層にて素直なヤズが早速ヒットした。 
しかし後が続かず、場所移動。




益々潮が緩み130から110グラムまで落とすことになった。 
今まで200グラム前後をメインに使用していた私にとっては未知の世界にも感じる。 
季節により同じ水深でも潮・風は全く異なる。 

アイアンウイップ613は、ティップが軟らかいので軽いジグでも難なくこなす。 
ラインを150m程出した所から10mをジャカ巻きしワンピッチに変えると前当たり!
おやっ?と感じた次の瞬間にヒット!!
ドラグが一気に鳴りスプールも高速回転しだした。 
予期せぬ大物だった。 



普段ドラグキツメにしているが、体の負担を軽減しようとやや緩めたが
どんどんラインが出て行く。
流石にマズいと思い徐々にキツくし何とか無事にランディング。 
バードが小さく見える。
11キロ超えだった。 



後半、20キロオーバーがキャスティングをしていた同船者にヒットしたが、
残念ながらフックアウト。
計り知れないパワーだった。



今回バード110グラムの本格的使用は初めてでしたが、
地域問わず私の強い戦力になった事は間違いないようです。




0 件のコメント:

コメントを投稿