2018年9月25日火曜日

2018年9月23日 丹後青物ジギング IRONRANGE &SwimRiderShort205gでブリ級キャッチ 久美浜ヴィーナス[岡本 和朗]



9月23日、京丹後市久美浜の遊漁船・ヴィーナスから青物ジギングへ。
前日の舞鶴から一度自宅に帰り、今度は別の釣友に誘われて久美浜ヴィーナスに向かいました。

当日の天候は晴れ、ベタナギ無風状態です。 
 午前8時出船でヒラマサポイントを船長が順番にまわっていきますが、船中ノーバイト。
潮もなく風もなく、船が動かないとなかなか難しいです。

早めに見切りをつけて、先日釣れていた白石グリに到着。
鳥もいますが、前日のようなざわざわした感じがなく休憩中な感じです。
周りを見るとエサ釣り、プレジャーボート、ジギング船と船が多く流せるところがない状態。それでもアングラーは皆あきらめずにシャクり続けています。

厳しい状況の中、同船者にファーストヒット。
上がってきたのは大メジロ。ベイトも前日同様イワシは誰も釣れていないし、これから時合いに入るかと思うと全然アタリもなく、ただ時間だけが過ぎていきます。ジグをローテーションし、スイムライダー、スイムライダーショート、カレントライダーと潮に合わせてチェンジ。

カラーは5投ごとに、シルバー→マイワシ→グリーンゴールド →ブルーピンクと替えて反応を探っていきます。

シャクリのパターンは、ボトムからワンピッチで誘い上げてからのスローピッチで魅せるパターンと、ボトム着底から2530m速巻きパターン。この日アタリが得られたのは、ボトムからの速巻きパターンでした。 

午後3時を過ぎたころ、ようやく船中でアタリが出て、同船者が良型サワラをゲット。そこから時合到来を信じて探り続けます。

水深90m前後、スイムライダーショート205g(グローヘッド)速巻きパターンを繰り返していると、シャクるとサワラがヒット。

その後、同船者にサワラがポツポツがアタり出し、私にはなかなかアタリが出ないが、自分を信じてボトムから2530m速巻きからのワンピッチでバイト。上がってきたのはよく肥えたブリ級でした。ベイトを沢山捕食して長さの割に重かったです。


厳しい状況でも、あれこれ手を替え、品を替え、ちょっとしたアタリが出たシャクリのパターンを信じた結果、この鰤につながったと思います 

使用タックル
ROD:NEWIRONRANGE662NDナチュラルドライブ
REEL:ツインパワー8000HG
LINEFISHINGFIGTHERS AIRBRAID VERTICAL PE3
LEADER:フロロ60Lb
SPRITRING
:鉄腕スプリットリング#6.
RING:鉄腕WDソリッドリング#6
HOOKIRONHOOK アイアンフック タイプAK26 

使用ジグ 
スイムライダー200g(グローヘッド)
スイムライダーショート175g(グリーンゴールド)、205g(グローヘッド)
カレントライダー180g(マイワシ)
ウィグルライダー190g(レッドヘッドゴールド)

鉄ジグ製品情報

久美浜ヴィーナスさんHPリンク先

(岡本 和朗)

0 件のコメント:

コメントを投稿