2017年12月8日金曜日

2017年12月3日 スイムライダー90g×スーパーシャロー 外房ヒラマサ 山正丸 [下中 桑太郎]


2017123日(日)、外房ヒラマサジギングへ行ってきました。

お世話になったのは外房大原の山正丸、山口徹船長。
前回の1112日以来、約1ヶ月ぶりの釣行となります。

状況としては、スーパームーンの満月、大潮周り。外房エリアにイワシが入ってくる時期ですが、まだベイト自体が少なく厳しく感じられるタイミングでした。

フィールドレポートを紐解くと、昨年の123日にも同宿に釣行していましたが、
午前は不発、午後にワラサ1尾に終わっています。一方、同行した柳はエクストラハイギアを向かい潮用に組み込み、ヒラマサ3尾を上げていました。水深40m、向かい潮の時合い、ボトムから中層に依存するヒラマサに対して、ヒットレンジでジグの姿勢を操作できていたものによると感じられました。

2016年12月3日柳レポート

そこで、この日は向かい潮に合わせて、1回転当たりの糸巻き量115120㎝前後確保でき、トルクも確保できる大型リールをセッティング。また、浅場に対応する鉄ジグのスモールサイズをタックルに組み込みました。


3日、午前5時半に集合。準備の整った6時ごろに出船となります。
「今日は浅場に行きますよ」と山口徹船長。

前日には、水深7m10kgオーバーのヒラマサが上がっているとのこと情報。いやがうえにも期待が高まります。

航程30分ほどで太東崎沖水深1015m前後へ。
北はフラットな九十九里沖、南は急峻な地形に富む大原沖の狭間のエリア。フラットな地形にスリット状の根が点在しています。私は左舷ミヨシでスタート。

北西風と真潮寄りの流れによって左前方から差し込んでくる根に対して、ジグキャスティングで狙っていきます。

ジグは、鉄ジグスイムライダー90g~135gを向かい潮に、ウィグルライダー160gとカレントライダー120gをドテラ流しの潮向きに合わせて組み立てていきます。



●極浅場の緩い向い潮=ラインスラック目安が平均+15 cm前後
IRONRANGE662クイックドライブ(プロトタイプ)に10000HGワイルドエイト410分巻き(最大1巻き110cm以上)
・スイムライダー90120g
・スイムライダーショート100g、125

●極浅場の流れない払い潮=ラインスラック目安が平均-5~-10cm
IRONRANGE662ナチュラルドライブ(プロトタイプ)に8000HGワイルドエイト3号8分巻き(最大1巻き104cm程度)
ウィグルライダー160g
スイムバード135
スイムバード130
 カレントライダー120

アクションは、肩を支点として手元で振り幅40㌢前後のワンピッチと15㌢前後のショートピッチ、ヒジを支点として振り上げとハンドルが逆手になる、ハーフピッチでのアグレッシブなジャーク。

まずは、向かい潮側からの流しでスタート。スイムライダー90g(グローヘッド)にIRONHOOKプロトタイプ(ショートシングル)を左前方に大きくキャストし、探っていきます。潮流は緩く、風も弱めなため船があまり流れていないと感じます。

そこで、スーパーシャローのスリット、根に依存してスクーリングするヒラマサをイメージして、レンジを上げすぎないようにショートピッチと、アグレッシブなハーフピッチジャークで探ります。IRONRANGE662QD(プロトタイプ)は非常に軽快にキャストが決まり、アグレッシブなジャークを行いやすい印象を受けました。比重の軽い鉄ジグの90gということもあって、エギングのようにヒジを支点としたジャークが容易に行えます。
また、ティップからベリーの感度の高さによりラインスラックを回収する“戻し”の動作でフォール姿勢を感じ、スピードを調整しやすいように感じられました。

640分、3流し目の向かい潮の流し。

左前方に大きくキャストし、着底から3回転ほどスラックを取ります。ヒジを支点としたハーフピッチジャークで5,6巻き。初速をつけて潮に乗せ、スラックを調整してフォールに移ったところでガツンッとバイト!グングンと頭を振るファイトから本命ヒラマサと推測されました。朝一番からのうれしい1尾。


「居着きのヒラマサだね」と山口徹船長。
体側のラインやヒレが鮮やかな黄色で、全体的に体色が鮮やかなヒラマサでした。
精悍な目つきのヒラマサはやっぱりカッコいい魚です。




ヒットジグは、スイムライダー90gにIRONHOOKプロトタイプ(ショートシングル)。
IRONRANGE662QDもしなやかに俊敏なファイトを交わしてくれました。

また、IRONHOOKプロトタイプ(ショートシングル)はフックアップが非常に良いように感じました。ショートアシストでのフッキングパワー伝達力があり、ややヒネリの効いたフックポイントがカンヌキを捉えています。

けっして大きいサイズではないですが、釣れてくれたことに感謝し、リリース!



これがきっかけとなったのか隣のアングラーの方にもヒットがありましたが、残念ながらバラシ。その後、流し替えると根周りに差しかかったタイミングでダブルヒットもありました。

さらに、次の向かい潮側の流しで、大型リールを組み込んだ向かい潮タックル②にスイムライダー120g(カタクチK)を適度に飛ばして、潮に乗せるイメージでアクションさせているとバイト!しかし、フッキングが甘かったのかある程度寄せたところでバラシ。

午前船は船中本命4尾で終わり、帰港となりました。

午後船は、太東沖を周り、勝浦沖方面へ。
午後からは完全にベタナギ・無風となり潮流が流れず非常に厳しい状態に。
水深5m10mのウルトラシャローを中心に探っていくと、小さなイワシベイトに着いたワカシの群れが反応にちらほら写ります。


2,3時間ノーバイトの末、ようやくスイムライダー90g(シャイニンググロー)のハーフピッチジャークにじゃれつくようにヒットしてきたワカシ。


魚種やサイズに関係なく、うれしい1尾!このワカシのなかにヒラマサがいると信じてジャークを続けます。

常連の石原さんはパターンをつかみ、ヒラメやワカシをキャッチ!



さらに、夕方のプライムタイムには、中乗りとして乗船していた女将の花さんがワカシのチェイスのなかからヒラマサのバイトを引き出します。



さらにもう1尾ヒラマサを追加!


140mm前後のダイビングペンシルが好印象だったようです。
ワカシの群れのなかからヒラマサを引き出すテクニックは流石です。

私はジグキャストからの中層狙いに固執するあまり、時合を逃してしまいました。
イブニングタイムは、魚の意識が完全に中層から表層に移っていたように思われます。

時合いの見極めと、トップウォータープラグでの攻略など、アングラーとして多くの課題が残りました。

楽しい時間が過ぎるのは早く、午後5時ごろに沖上がり。





山口徹船長、花さん、同船された皆様ありがとうございました!



日の出前に西の空に沈んでいったスーパームーンが、東の水平線から上がり、煌々と海を照らします。月に見送られながら帰港となりました。

山正丸様HP

今回は、1日を通して水深10m前後/緩い潮流/ベイト少な目のフィールドで鉄ジグ100g前後を使用したジグキャスト及びジギングで釣りをしてあらためて感じたことは、比重の軽い鉄ジグのスーパーシャローでの運動性能の高さです。潮抜けよく、柔らかい水押しと緩潮に乗る特性により、フィーディングレンジに合わせやすく魚に口を使わせるための優位性を感じました。

水深10m前後のジギングという全国的にみれば特異なフィールドではありますが、中層~表層のレンジに依存する魚やトップウォーターが推奨されるシャローにおいて共通項があり、新たな発見があればと考えています。



当日のタックル
向かい潮メイン①
RODIRONRANGE IRNB-662QDクイックドライブ(プロトタイプ)
REELSTELLA10000HG10分巻き)
LINEFishingFighters AIRBRAID WILDEIGHTバーティカルPE4号フロロリーダー50lb5ヒロをスピニングノッターリバースでPRノット結束
JIG: 鉄ジグ、スイムライダー90g、120
HOOK:IRONHOOK(プロト)シングルショート
ASSIST:マリンアシストDC60号(フロロ芯入り)

向かい潮メイン②
RODIRONRANGE IRNB-683QDクイックドライブ(プロトタイプ)
REELSTELLA18000HG9分巻き)
LINEFishingFighters AIRBRAID WILDEIGHTバーティカルPE4号フロロリーダー50lb5ヒロをスピニングノッターリバースでPRノット結束
JIG: 鉄ジグ、スイムライダー90g、120g、135gカタクチK
HOOKIRONHOOK(プロト)シングルロング
ASSIST:マリンアシストDC60号(フロロ芯入り)

払い潮タックル①
RODIRONRANGE IRNB-662NDナチュラルドライブ(プロトタイプ)
REELSTELLA8000HG(8分巻き)
LINEFishingFighters AIRBRAID WILDEIGHTバーティカルPE3号 フロロリーダー40lb 5ヒロをスピニングノッターリバースでPRノット結束

JIG:ウィグルライダー160
HOOKIRONHOOK(プロト)ツインショート
ASSIST:マリンアシストDC60号(フロロ芯入り)

払い潮タックル②
RODIRONRANGE IRNB-683NDナチュラルドライブ(プロトタイプ)
REELSTELLA10000PGRPSスプール、RPボビン8000S(9分巻き)
LINEFishingFighters AIRBRAID WILDEIGHTバーティカルPE3
フロロリーダー40lb 5ヒロをスピニングノッターリバースでPRノット結束

JIG:鉄ジグ、スイムライダー120g、135g(カタクチK
HOOKIRONHOOK(プロト)ツインロング
ASSIST:マリンアシストDC60号(フロロ芯入り)

接続金具類全てFishingFighters 鉄腕WDリング♯5.0&鉄腕スプリットリング♯6.5


鉄ジグ製品情報
フィッシングファイターズ製品情報


(下中 桑太郎)

0 件のコメント:

コメントを投稿