2017年12月11日月曜日

2017年12月10日 秋田県能代沖 寒ブリジギング ブラックフィン スピンライダーディープ&ディープローバー[佐藤 雄]


今年の能代釣行、11月は例年に比べ時化続きとなり、5日間連続の予約も全てキャンセル。

12月に入っても状況は決して良くはならず、私のスケジュールでは今年の能代の出船は困難だと思われた。しかし、仙台在住のネイチャーボーイズフィールドスタッフ千葉氏からのお誘いでタイミング良く急遽出船できることになった。

今回、お世話になった遊漁船はブラックフィン。
ベテラン藤原船長の実績と経験から大きい魚だけを求めて、訪れるアングラーが絶えず通う人気遊漁船です。

午前5時出船。ポイントのテリ場までおおよそ1時間弱の航海となります。
当日は小潮。予報では東の風、午後にかけて北が入り徐々に荒れる予報。

船長曰く、「最近のテリ場はアベレージが下がっているから、今日は1発大物狙いに走るよ。」とのこと。

1発狙いに走るのは嬉しいのだが、シケの海に三半規管が持つか心配が残る。
テリ場から更に1時間ほど走り、私にとって初めてのポイントである久六島周辺に到着。

水深140mから60mまでのカケアガリを探っていきます。
私はカレントライダー260g(レッドマスクゴールド)を投入。
ジグが着底したらラインスラッグを高速で巻き取り、ワンピッチにて探ると下から20mくらいで前アタリなく、ジグがひったくられる。


1発目は7kg台のワラサ。

ラッシュ突入と思われたが、単発のみで後が続かない。
その後、浅場の60m台に突入、ウィグルライダー190g(グローヘッド)をセットしたアイアンレンジナチュラルドライブに持ち替え、ゆっくりワンピッチワンジャークのホバリングアクションを繰り返していると、ひったくられる様なバイトのあと一気に船底まで走られてしまい、ドラグが出て行くのを止めようとした瞬間ラインブレイク。
経験の無さからくる悔しさとブレイクしまったことで、ジグがついたままとなってしまった魚へ申し訳ない思いです。フックが外れてくれることを願うばかりです。

その後は、千葉氏が続き、スピンライダーディープ250g(ハダカイワシ)でヒットに持ち込む。
ファイトの感じからしてもかなりの大物の気配。


上がって来たのは8kgのブリ。
スピンライダーディープ250g(ハダカイワシ)

スピンライダーディープはスローピッチ用に開発されたジグですが、移動距離を抑えつつ、レスポンス良く横を向かせたいときにはスピニングタックルでも効果的なジグ。なかでも、ハダカイワシカラーは、ホロベースのエッジにブラックグラデーション、ドットグローを配した特徴的なカラーです。

さらに船長はポイントを変えつつ、浅場のポイントを探っていくが魚探反応があるのは根魚のみで、青物からの反応は無くなってしまう。
次第に天候状況が危うくなり、沖では竜巻が起きそうな雲も出てきている。
無線では既にテリ場は大荒れとのこと、ここの場所も出来て残り30分。

 船長は最初のポイントに戻り、最後の1発勝負にかけるとの事。
私はディープローバー310g(プロトカラー)を選択。
千葉氏はスピンライダーディープ250g(ハダカイワシ)を選択。
水深140mラインを探ります。

潮が払い出していて、ワンピッチしているとジグが潮に乗っているのが分かります。
ボトムから5シャクリくらいのところで私にヒット。
千葉氏も同じタイミングでヒットします。



上がって来たのは体高のある7kg台のワラサ。
ディープローバー310g(プロトカラー)

千葉氏は更なるサイズアップに成功。
圧巻の9kgオーバー。(陸上血抜き後計測)
ヒットジグはまたしてもスピンライダーディープ250g(ハダカイワシ)






船長が最後の最後のひと流し、海がさらに荒れ始めた中、私にヒット。


またしても寸止め7kgオーバー。
ディープローバー210g(プロトカラー)
この魚を最後に港に戻ることとなりました。
同船した皆様、船長、千葉さん、1日ありがとうございました!

今回、千葉氏の9kgを筆頭に7kg~8kg台を時合いのタイミングで確実に捉えることが出来た。また潮の流れが複雑な海域は1回転の巻き取り量の調整は絶対的な必要を感じた。

日頃、通常使用しているステラ8000HGのスプールを今回はRPSベースキット10000Sスプールに交換した。RPSボビンは、10分巻きすると純正14000番相当の大口径スプールとなります。



8000HGでのハンドル1回転当たりの最大糸巻き量が約107cm相当から約116cm相当となり、巻き取り量を上げるだけで快適にワンピッチが行えるようになる。数字上では数センチではあるが、現場ではこの数センチが快適なワンピッチと釣果に繋がることがある。

早く巻き上げて食わせたいという意味もあるが、ストレス無く、従来の一定のワンピッチワンジャークを行うのに潮の流れに対して、巻き取り量を上げるという意味でも今回釣果に結び付けられた部分でもあった。もちろんこの逆の状況もあるが、今回自分の場合は前述した内容が上手く釣果にマッチした。

RPS製品情報ペー(※現在ソルティガ5000番用は在庫切れとなっております)
http://www.e-natureboys.com/products/rps.html

12月半ばに入り、決して出船率は高くは無いが、タイミングが合えば夢の10kgオーバーも狙えるチャンスがあります。
是非、準備を万全にして、大物目指しましょう。

佐藤タックルデータ


ディープローバー210g、310g、カレントライダー260g使用

ロッド アイアンレンジIRNB-663QDクイックドライブ
リール ステラ8000HGRPSスプール10000S
ライン エアブレイドワイルドエイトバーティカルPE3
リーダー フロロ12
フック バーチカルヘビー7/0(マリンブラックPC40
リング 鉄腕スプリットリング#6.5

フィールドスタッフ千葉氏タックル


スピンライダーディープ250g使用

ロッド アイアンボウ622 IBNB-622 
リール ソルティガ4500
ライン PE3
リーダー フロロ10
フック バーチカルヘビー7/0(マリンブラックPC15
接続金具 鉄腕スプリットリング、WDリング使用

鉄ジグ製品情報
ネイチャーボーイズロッド製品情報
フィッシングファイターズ製品情報

(佐藤 雄)

0 件のコメント:

コメントを投稿