2017年11月21日火曜日

2017年11月 三陸の寒ブリジギング 岩手県越喜来沖 [千葉 勝彦]



11月17日大潮
岩手県越喜来沖で青物ジギングをしてきました。

船は、実力、人気ともに1~2を争う崎浜漁港より出船の広進丸。
AM6:00 天候は曇りで暗い中に出船

青物は終盤に差し掛かって一発大物が期待できる時期とあって、
乗船した全員が期待に胸をふくらませ、船を沖に走らせます。




ポイントへは約1時間で到着
水深は100mと深い。
朝のローライトということでスイムライダー230gグローピンクを投入。
1流し2流しと船中バイト無しの状態で数回流し直していくと
若干潮が効いてきたと感じ時、底から20mでヒット。
イナワラ(2kg前後)が上がります。

その後は船中数本のイナワラが釣れ、更に深いポイントへ移動します。
水深は深い所で130m

ベイトのマイワシの反応が凄く、マイワシの群れの周りにワラサが着いているとイメージされます。

マイワシのサイズに合わせて、スイムライダーショート205gシャイニンググローを選択します。

シャクっていると、船長がジグにワラサがチェイスしていると言っていました。
すると、底から40mのところでヒット。
最初はイナワラだと思ったが途中から走り出しドラグが出る
上がって来たのは6kgのワラサでした。







それをきっかけに、周りの人達にもヒット。

その後は時合が続き、船中誰かがヒットしている状況となります。
途中でタモが間に合わない状態にもなり、上がって来るのは全て4~6kgクラスの丸々肥ったワラサで船上はお祭り騒ぎ状態でした。

スイムライダー(グローヘッド)

スイムライダー(シャイニンググロー)

スイムバード(シルバーホロ)



さらに大物を狙おうとシャクリ方やジグを変えましたが、サイズアップは出来ず、 11時半沖上がりとりました。

しかし、久しぶりに終始高活性な状況を楽しめたので満足いく釣行となりました。
水深130mという深場であっても、川畑船長の丁寧な操船技術のお陰で、トラブルも少なく快適に釣りができ釣果を伸ばせることが出来ました。

12月に入ってもまだ、チャンスがあるという事で機会があれば、サイズアップを目指してまた行ってみようと思います。

当日のタックル
ROD:RF612LR
REEL:8000HG
JIG
SWIMRIDER230g(グローピンク)
SWIM RIDERSHORT205g(シャイニンググロー)

接続金具
FISHINGFIGTHERS 鉄腕シリーズ
WDリング、スプリットリング
FishingFighters マリンアシストPC25(フロント)


(千葉 勝彦)

0 件のコメント:

コメントを投稿