2016年12月5日月曜日

秋田県 象潟沖 寒鰤釣行[小野田 正浩]

11月末日秋田県象潟の人気遊漁船santa遅澤船長にお世話になりました。
この時期の東北地方は冬型の気圧配置が強まり海が荒れる為、極端に出船率が低くなります。何日も沖に出れない歯がゆい日々が続きます。
しかし、出船すれば10キロを超す大鰤が狙える時期でもあります。

前日の天気予報では9時過ぎには凪ぎの予報になって居たので遅めの出船でしたが、予想に反して波、風共に収まらず立っているのがやっとな状況でした。



普段は酔わない私ですが、この日ばかりはこみ上げる物を何とか我慢しながら40分程の航海でポイントに到着。

水深は100m前後、まずはパイロットルアーであるスイムバード220g(シャイニンググロー)をセットしスタートフィッシング。

潮は中層からボトムにかけて適度に流れており、スイムバードを潮に乗せる様に丁寧なジャークで誘っています。

しかし、魚からのコンタクトはありません。

魚探にはボトム付近に反応は有るものの、なかなか口を使ってくれない渋い状況が続きます。
その後も何度か流し直していると、右舷ミヨシの佐藤氏に船中ファーストヒットが訪れます。
魚に適度なプレッシャーを掛け、落ち着いたやり取りで上がって来たのは8キロオーバーの見事な寒鰤!

ヒットジグ スイムライダー200g

ヒットパターンはボトムからジャカ巻きを入れ丁寧にワンピッチジャークで10m程誘った所でバイトして来たそうです。
私もそのパターンをヒントに誘い続けると待望のヒット!
サイズこそはワラサクラスでは有るが嬉しい1匹でした。



この日はベイトの反応がボトムべったりだった為、縦の釣りを意識するより出来るだけジグをキャストしレンジをあまり上げない事と、何度もジグを入れ直す我慢の釣りが出来るかが肝だったと思います。
その後は、潮も悪くなり船中長い沈黙が続きますが最後に木村氏がワラサクラスを追加して納竿となりました。

スイムライダーショート175g グローベッド

先日の大鰤フィーバーに比べると青物は数、サイズ共に物足りない結果になりましたが、年内はまだまだ大鰤が狙えるチャンスが有るのでもう少し通いたい思います。

当日使用タックル

小野田氏
MCworks社
RF612LR  
08STELLA10000XG  8000スプール仕様 
PE3号 8割巻き  フロロリーダー40lb

DE602LR
10ソルティガ4500H PE3号フル巻き フロロリーダー40lb

佐藤氏
MCworks社
RF633LR
10ソルティガ5000H PE3号 フロロリーダー50lb

ジグ
ネイチャーボーイズ
スイムライダー180、200、230g
スイムバード170、220g
カレントライダー 180、220g
スイムライダーショート175g

0 件のコメント:

コメントを投稿