2015年11月20日金曜日

デビルラインで東京湾太刀魚![秦 京子]



先日、ビッグオーシャンスタッフ岩崎さんと、『長浦 こなや丸』さんより太刀魚に行ってきました!

6時に出船し、観音崎方面へ向かいます。

移動中に20lbフロロリーダーの先にデビルライン5号30lbをセット。(2〜30cm)
フロロとの接続は電車結びでOKです!


結ぶ時にはフロロの結びコブとデビルラインの結びコブをじわじわ近づけながら
ゆっくり締め込んで、お互いの結びコブがくっ付いた状態でしっかり締め込んでください。
ここだけ気をつければ、船上でも楽にシステムが組めます(^^)




後は、デビルラインの先にスイベルをつけるのですが、これもユニノットでOK!
強度を保ちながら、ナイロンラインの様なしなやかさなので非常に扱いやすく
且つルアーの動きも損ないません(^^)





さていよいよ実釣開始。
最初は観音崎沖50mから開始です。ジグはスイムライダーショート145g。
(いつもタチウオで使う定番色のブルーピンクの上からピンクを塗り重ね、パープルピンクにしてみました)


50mとはいえ流れが速いので一気にジグが流されますが、
この様な状況でも重いジグをしっかりシャクれるパワーを持つテストロッドを使用させていただきました。


しかし、なかなか型がでず、すぐに走水寄りの75〜80mポイントに移動。
ここで、数回フォールバイトを得ますが中々かけきれません。
反応は出ているようでしばらくこの場で粘りますが、
それでもまだ、船中型が出ないのでちょっと不穏な空気・・・(汗)

がしかし!
そんな空気はもうタチウオでは慣れっこなのです!(笑)

昨日はめちゃめちゃ釣れてても翌日パッタリ釣れなくなるなんて当たり前のタチウオなので
その辺の不安を背中にヒシヒシ感じながらも、
やはり一度味わうとやめられないタチウオの引きを妄想しながらしゃくり続けます。

すると突然船は焦ったように別のポイントに急行!

どうやら僚船より情報が入ったようで、他船も一緒にナブラでも追いかけるように同じ方向へ向かいます。
新たなポイントは猿島手前の50〜60mのポイント。

船長の指示棚を早めにネチっネチっと丁寧にしゃくってるとガツンっ!
バレないように、一定の速度でじっくり巻き上げます。
抵抗するタチウオの引きと潮の流れもあってなかなかの重量感でした。



岩崎さんはフックにティンセルを装着してキャッチ!



釣れるタチウオはとにかく型が良く、他の方々も大きくロッドを曲げていました。
その後もポツポツ追加し、早めワンピッチ・フォール・早いフォールからの高速タダ巻き等、早い動きに反応があり、釣れたカラーは私は全てブルーピンクをパープルピンクに変えたものでした。



PEの高切れはありましたが、デビルラインをカットされる事は無く、
ホワイトデビルとブラックデビルとでは今回はホワイトデビルの方がアタリが多かったです。(天気は快晴でした!)
大切なジグのロスト防止に、デビルラインを是非使ってみてください。



ーーーーーーーーーーーーーー
船宿:長浦 こなや丸

ヒットルアー:スイムライダーショート 145g(ブルーピンクをパープルピンクに変えたもの)
ファイティングリーダー:デビルライン ホワイト5号30lb、ブラック5号30lb
アクセサリー:鉄腕 スーパーSUSスイベル・鉄腕 スプリットリング
ロッド:テストロッド
ウェア:SWファンクション ビブ Mサイズ・インフレーターダブルライフベスト ブラック・サンバイザー

0 件のコメント:

コメントを投稿