2015年4月22日水曜日

JGFA後援 第19回サバロカップ参戦!  [秦京子]

『JGFA後援・第19回 サバロカップ』

対象魚はシーバス。
エントリー対象は叉長60cm以上で1尾の最大魚で競います。
私は今回、スルガ銀行チームの皆さんが乗船する渡辺釣船店さんに一人お邪魔して参加させていただきました。

参加者は88名。スタートフィッシングの瞬間はボートが一斉にスタート!
これが壮観で、本当にかっこいいです。





当船は最初近くの扇島バースの様子を見に行きましたが、すでに先行者に叩かれているのか
アタリ乏しく、すぐに移動。
次の川崎丸バースで船中型が出るも、なかなか続かず、移動。。。
船には12名ほど乗っているのですが、この時点で船中2本。

少し雲行き怪しい感じで、風の塔へ。
ジグを色々ローテーションしていると、
10cm位のトウゴロウらしきベイトがフラフラ力なく泳いでるのを発見。
これはヒントか、はたまた罠か・・・(笑)
シルエットが似ている『サスライダー70g』にチェンジしてみる。
サスライダーは鉄とほぼ同じ比重のステンレスジグ。
スローに巻いてもヒラヒラと浮遊しながらアピールします。

着底してからテロテロ巻き。
7~8m程巻き上げた所でコココ、ゴン!
んん~!やっときました~!
サイズは小さかったですが、嬉しい1尾。
船頭さんが飛び出してきて丁寧にタモ入れしてくれました(^^;)






するとここで別船から情報が!
沖のポイントに急行してみると、停泊しているタンカーの周りにプチ船団ができていて時折竿が曲がっている模様。
流れがあったのでスイムライダーショート80gにチェンジ。
フォールでもアタリましたが、今回も巻きで食ってきました。






しかし、やや祭りの後で、当船が到着した頃にはぼちぼち移動する船がちらほら。
そろそろ移動かな、、と思った頃、私の隣から声にならない声が!
見ると、女性アングラーの竿が大きく曲がり、必死にロッドを持って耐えている!
「ゆっくり~!ゆっくり~!」とみんなに応援されながら上がってきたのは60cmの立派なシーバス!
船頭さんの構えるタモに吸い込まれ、無事キャッチ!
人生初のシーバスだったそうです。おめでとうございます!

その後はぼちぼち時間も迫ってきて、千葉側の浅場の様子を見て船は横浜方面へ。
京浜港前の水深10m程のエリア。
キャスティングタックルにサスライダー28gを装着し、遠投してからベタ底テロテロ巻きで2連続ヒット!







2本目に釣れたシーバスが吐いたベイトは7cm位のベイトでサスライダー28gとサイズがピッタシ。
次も確信を持って投入。

同じパターンでヒット!
しかし、、、したり顏をした瞬間に3本目はバレてしまった。。。

そしてここでストップフィッシング!

最後のポイントでは船中型を見たのはサスライダーでの釣果のみ。
今年発売予定のサスライダーは、シーバスジギングでは欠かせない存在になりそうです。

今回はエントリーサイズは出ませんでしたが、
厳しい状況の中、反応を丹念に探してくれた船頭さんのおかげで釣果を得ることができました。

入賞された皆様、おめでとうございます!
渡辺釣船店さん、スルガ銀行チームの皆様、大会実行委員の皆様、お世話になりました!






<ヒットルアー>
 サスライダー70g・28g、スイムライダー80g(各種カラーはマジック塗りのオリジナルカラー仕様)
<使用PEライン>
 (ジギングタックル1)エアブレイド1号 23.9lb
 (ジギングタックル2)エアブレイド0.8号 18.9lb
 (キャスティングタックル)エアブレイド0.5号 17.1lb
<ウェア>

 SWファンクション ビブ Mサイズ



0 件のコメント:

コメントを投稿