2013年11月9日土曜日

秋の常磐沖、鹿嶋のジギング  [中島勝則]

秋の常磐沖、鹿嶋のジギング

ようやく秋らしくなってきた10月末、鹿嶋・波崎の常磐沖でヒラマサが釣れだしたので早速行って来た。
今回乗船したのは自身もダイワのフィールドテスターを務める栗山船長が操舵する「不動丸」だ。
話を聞くと、台風後の10/27から釣れ始まりトップでヒラマサ8本という爆釣振りだと言う。
昨日は水温の低下からか魚はいるものの口を使わない状況になったとのこと。
期待していいのか!? 状況は海に出てみないとわからない。
最近、復旧工事が完了した鹿嶋旧港から出船して行程30分でポイントに到着した。
この時期のベイトはメロウド(イカナゴ)の確立が高いのでルアーはスイムライダー150gアルミシルバーから始めてみることにする。
ヒラマサは朝一にヒットする確立が高いので最初から気合を入れてジャークする。
すると、1投目からヒット!さんぱくサイズをキャッチ。
続く2投目、連続ヒット!先程のさんぱくとは明らかに違う引き、ヒラマサだ。
走られないように常に主導権を取りながら難なくキャッチ。
5kgサイズのヒラマサをキャッチすることができた。








スイムライダー150gアルミシルバーで連続ヒットしたということは、ベイトはメロウドで間違いない。きょうはこのジグが活躍するだろう。








その後も順調にヒットして、ヒラマサ1・ヒラメ4・ワラサ2・さんぱく3と楽しめた。
私のフェイバリットルアーであるスイムバードも同じ位の割合で使用したが、
今回は圧倒的にスイムライダーにヒットが集中した。
歴史の長い鹿嶋沖のジギングであるが、栗山船長はまだまだ新ポイントを開拓中である。今後、ますます楽しみな常磐沖鹿嶋のジギングである。


実釣日 10/29(火)
使用ロッド~IRON WHIP IWNB-622
使用ルアー~スイムライダー150g スイムバード130



0 件のコメント:

コメントを投稿