2013年6月3日月曜日

スローライダーで!   [秦京子]

スタッフの岩崎さんと波崎 信栄丸さんより食材調達・・否、スローピッチジャークのお勉強会に行って来ました!

ターゲットはワラサや底物。
ワラサは5月初旬からしばらく好調が続いていたが、最近は失速気味。
う~む。今日はどうかな・・・?

5時出船。
霧が凄くて数十メートル先は真っ白の為ゆっくりとポイントへ向かう。
今回ご教授頂いたのはプロショップ ケイズ旭店の石毛卓さん。
ポイント到着後、基本的なリーリング操作からフックバランス、誘い方などなど・・・
とても分かりやすく丁寧に教えていただいたのですが、
肝心な海の中は反応が行方不明(汗)

時々、中層に反応が出てすかさずジグを落としても、かかるのはサバ。
地道に底をノックする事にした。
水深は30~50mで、スローライダーの135gを使用。
カラーは、石毛氏の進めでシルバーホロにした。

着底後1/2回転を8回程繰り返し、ロッドを大きく起こし素早く振り下ろす。
すると、『コチン』と何かが当たった。
グイッと合わせると、竿に伝わるサバとは違う生体反応

上がって来たのはホウボウでした
ありがたや~(*´Д*)







その後は嬉々として同じ誘いでホウボウ大量捕獲をもくろむが、あえなく撃沈。。。

岩崎氏のスイムライダーにデカ鯵がアタックしたのを最後に、長い沈黙の時間が続く。
風も強まり船もどんどん流れる為、底をうまく叩けない。








すると、今まで胴の間にいた石毛さんが大ドモに移動して釣り始めた・・・と思ったら
いきなり竿が曲がってるではないですかっ(0;






なぬぬ!
上がって来たのはイシナギの子供!
美味そう!(笑)







ジグが流される方向の反対にキャストしてなるべく真っ直ぐ落ちていく様にしたら一発だったそうです。

ぐぬぬ~・・・
という訳で私もマネして大ドモでやってみました。
着底するまで、ジグがちゃんとヒラヒラ落ちていくのがわかります。

はい。2投目でヒットしました。Σ(ノ∀`)ペシッ
着底寸前にフォールでゴゴゴン!







これまでの沈黙の時間を埋める様に引きを楽しみ、
上がって来たのは2.kgのイシナギでした
先ほどまでは、ただジグが流されてただけで、
スローライダーの特性をちゃんと引き出せてなかったようです。








これにより船頭さんがドテラ流しをやめ、ラインが立つ様にしてくれました。
すると、岩崎氏もイシナギを2尾かけ、(写真が無くてすみません)
石毛氏も1尾追加し、納竿となりました。

お世話になった信栄丸さんはとても綺麗な船で、カップラーメンのサービスが嬉しい
お手洗いも、男女分かれてます。







この日は青物は不発でしたが、この2日後にワラサがトップ12尾と再び祭りの兆し。

石毛さんと岩崎さんからイシナギとデカ鯵を頂き、私のクーラーは賑やかに
豪華な食卓となりました~´∀`*)ありがとうございます☆

信栄丸さん、石毛さん、お世話になりました!









ヒットジグ:スローライダー135g155g、185g シルバーホロ





0 件のコメント:

コメントを投稿