2013年5月23日木曜日

Live in Northan Town 8  [開発チーム]

いよいよ、シーズンインした、青森県は平舘のマダイのジギングへと行ってまいりました。
平舘は、毎年日本海から津軽海峡(竜飛岬)を経由し、陸奥湾へ移動するマダイが一時的に溜まる場所として古くからの好ポイント。「海峡マダイ」として有名です。
多くの釣り人が、その季節を待ち焦がれ春の風物詩となっています。
今年は、季節の進行が遅く、桜の開花も遅れ、海水温も異常なくらいに低く釣果も日によってマチマチとのこと。
釣行日、2日間は天候もやや安定する予報、朝4時半、平舘港「惣宝丸さん」で出撃です。





ポイントまでは、約20分。
魚探の反応を見ながら、水深60〜70m付近を流します。
水温は11℃前後。この時期にしてはやや低め。
今回は、東京からのお客様と同船です。皆さんは実績のあるタイラバで。
私?もちろんジグにて挑戦です!
開始して30分、そろそろ場所をかえようかというタイミングでヒット!
紅一点の女性アングラーのタイラバです。
慎重にやり取りし、あがってきたのは3kg位のナイスサイズ!








その後もポツポツですが、タイラバには反応があり良型があがります。






しかし、水温の関係でしょうか?
ジグには反応がなく、時合いも過ぎたようなので、浅場に上がって来ているロックフィッシュ狙いに切り替えて、ポイントを移動します。
着いたポイントは、水深30m前後の岩礁帯。
SPIN RIDER 65gの出番です!
底をとり、リーリングのみでジグをスライドさせてフォールで喰わせる。というパターンで誘うと、アイナメ・ソイ・メバル・ムシガレイなど多様な魚種の反応が楽しめます。
どうやら、小さなコウナゴをベイトとしているらしく、「クノイチ」カラーへの反応がすこぶる良い様です。










しばらく楽しんだ後、午後の時合いを期待してタイのポイントへ移動。
魚探に反応はあるものの、喰いは渋い様子。
ならばリアクションで口を使わせようと、もうすぐ発売の追加サイズSPIN RIDER 80gの「カクレミノー」カラーにチェンジ。
着底させて、横のスライドが大きくなるようにリーリングスピードを早めにし、若干ロッドアクションも加えて探るとひったくるような強烈なアタリ。
慎重にやり取りして上がってきたのは、なんと67cmのヒラメ!
まさに、座布団!しかも、大きめ!これは嬉しいお客さんです。






その後は、ソイなど数匹をつり上げ初日は終了となりました。






2日目は、昨日までと風向きが変わり、暖かい朝です。
ポイント到着後、直ぐにタイラバに反応が!上がってきたのは5kgオーバーの大タイ!






続けて、船内のあちこちでヒット。






これは活性が高いと考え、昨日のアタリルアーSPIN RIDER 80g「カクレミノー」にチェンジ。
ジグのスライド幅を大きくするように、高反発なロッドにハイギヤのリールのセッティングに変更。
リズム良く誘って、水深40mを通過した時に「フワッ」と抵抗がなくなり直後に「ドスン」!
PEは1号、リーダーは22lb。無理はしないでゆっくりとリフト。
浅い水深で掛かったので、最後まで抵抗します。
いなしながら、ランディング。65cm、3.5kgのイワシ食いの真っ黒なタイでした。






その後、時合いが終わり、風が強くなってきたので納竿とするまで、ほぼ全員キャッチ。
楽しい釣行となりました。

この日は、平舘爆発の日だったようで他の船でも二桁台の釣果が出たようです。
青森はこれからが、シーズンイン!
「アベレージ」も「引き」も、もちろん「味」も良いマダイジギング。
機会があれば、是非チャレンジしてみてください!



0 件のコメント:

コメントを投稿